日本ゲーム大賞2020「U18部門」は「ラビィとナビィの大冒険」が金賞を受賞!

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

コンピュータエンターテインメント協会は9月27日、日本ゲーム大賞2020「U18(ゆーじゅうはち)部門」決勝大会を行い、「ラビィとナビィの大冒険」(制作者:藤澤 秀彦 芝浦工業大学附属高等学校)が「金賞」を受賞したことを発表した。

日本ゲーム大賞2020「U18部門」は「ラビィとナビィの大冒険」が金賞を受賞!

また、「銀賞」には、「viod」(制作者:夏目 駿 静岡県立磐田南高等学校)、「銅賞」には、「カラクリショウジョの涙と終」(制作者:合田 晴哉 神奈川県立神奈川総合高等学校)と「ROLL THE DICE」(制作者:宇枝 礼央 杉並区立東原中学校)の2作品が受賞した。

決勝大会の審査は、試遊審査とプレゼンテーション審査の2つで構成されている。試遊審査ではゲームの面白さや独創性・技術力をアピールし、プレゼンテーション審査ではゲームの説明だけでなく制作途中の考え方もアピールする。

今回で3回目の開催となる日本ゲーム大賞U18部門。本日の決勝大会では、全国からの多数のエントリーから、一次審査、予選大会を経て残った6作品に対し、ブラッシュアップ期間を経て実施した試遊審査と、制作者による最終プレゼンテーション審査により、決勝大会で各賞を決定、発表した。

日本ゲーム大賞U18部門は、次世代を担うゲームクリエイター発掘を目的に、18歳以下を対象としたゲーム制作コンテスト。2020年度からのプログラミング教育必修化により、これまで以上にゲーム制作を行う環境が整い、18歳以下の若い世代の才能に一層の注目が集まる中、本賞を通して次世代の人材育成および産業の振興に今後より一層力を入れていく。

「U18部門」決勝大会アーカイブ

公式サイト

https://tgs.cesa.or.jp/