ゲーム開発世界選手権で「Team Fat Bears」が開発した「Fat Bear Week」が1位に!

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

GDWC(ゲーム開発世界選手権)は9月28日、フィンランド・タンペレにあるタンペレ工科大学の学生チーム「Team Fat Bears」が開発した「Fat Bear Week」が、ゲーム開発世界選手権(GDWC)の先週のファン投票で1位になったことを発表した。先週のファン投票は「プラットフォーマー」をテーマに開催された。このゲームは現在itch.ioにて配信中だ。

ゲーム開発世界選手権で「Team Fat Bears」が開発した「Fat Bear Week」が1位に!

「Team Fat Bears」はゲームについて次のように説明している。

“Fat Bear Weekは、一人で遊ぶアイテム収集がメインの3Dゲーム。冬が来る前に、森で一番大きいクマになろう!転がって食べ物を集めて食べて、大きいクマに成長しよう!”

ゲーム開発世界選手権で「Team Fat Bears」が開発した「Fat Bear Week」が1位に!今回のファン投票で1位となったことで、「Team Fat Bears」のゲームはファイナルへの進出が決まり、GDWC 2020シーズンの終わりに各回のファン投票イベントの勝者と人気を競うことになった。

2位と3位は以下のゲーム

2位:Saving Mr. Sparkles (Leander Nieuwenstein、ドイツ)

3位: Neko Ghost, Jump! (Burgos Games、米国)

GDWC(ゲーム開発世界選手権)公式サイト

https://thegdwc.com/