ドット絵が魅力の町復興シミュレーションゲーム「Dottania(ドッタニア)」がGoogle Playで配信開始!

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

インディーゲーム開発者ほたらいず(Hotarise)は11月21日、ドット絵で描かれる町の領主となる町復興シミュレーションゲーム「Dottania(ドッタニア)」をGoogle Playで配信開始した。定価は700円だが、リリース記念セールで2020年11月26日(木)まで489円で提供する。

ドット絵が魅力の町復興シミュレーションゲーム「Dottania(ドッタニア)」がGoogle Playで配信開始!

「Dottania(ドッタニア)」は、目的も能力も違う主人公から1人を選んで、領主として町の復興をすすめるゲームだ。焼け落ちた建物を建て替えて領民を安心させる者、アイテムを開発して領民の信用を得ていく者など、進む方向性は主人公ごとに異なり、それぞれに異なるミニゲームも用意されている。

また、各国はそれぞれに異なる文化を持ち、選んだ領主によって異なる風景が楽しめる。「Dottania(ドッタニア)」の名前の元となった、こだわりのドット絵を楽しもう。リリース時は「雪の国Snowen~ミスティ編~」、「和の国Lawan~マスミ編~」の2人の主人公が選択できる。主人公はアップデートで今後追加予定だ。

雪の国Snowen~ミスティ編~

一年中雪が降りそそぐ雪の国Snowenは、新興宗教「デストローダ」によって北部を荒らされて危機に瀕している。

第一王子ミスティは、北部の領主として町を復興するために派遣されますが……彼は争いごとや外の世界に関心のない箱入り王子。果たしてうまく町を復興できるのだろうか。

ドット絵が魅力の町復興シミュレーションゲーム「Dottania(ドッタニア)」がGoogle Playで配信開始!

ミスティ編では、焼け落ちた建物や施設を建て直し、復興した町を探索する「Dotania」の基本的な遊びと、釣りで魚図鑑をコンプリートするミニゲームを楽しめる。

ドット絵が魅力の町復興シミュレーションゲーム「Dottania(ドッタニア)」がGoogle Playで配信開始!

和の国Lawan~マスミ編~

竹に覆われた温暖な和の国Lawanは、女王ツクヨによって国中の男性を追放する「男性排斥令」が発せられ大混乱。

主人公のマスミは追放された父に代わって領主となり町を治めながら、全領主から男性排斥令撤回の署名を集めることになる。

ドット絵が魅力の町復興シミュレーションゲーム「Dottania(ドッタニア)」がGoogle Playで配信開始!

マスミ編では、領内にやってきた発明家スミレの力を借りて新しい技術や品物を開発できる。開発した品物で領民の悩みを解決し、信頼を得て署名を集めよう。

ドット絵が魅力の町復興シミュレーションゲーム「Dottania(ドッタニア)」がGoogle Playで配信開始!

「Dottania」の特徴

・領内に好きな建物や施設をたて、お気に入りの領民を働かせられる。

・復興させた町を自由に歩き、領民と話したり、買い物をしたりできる。

・ドット絵で描かれるさまざまな国のさまざまな風景が楽しめる。

・各主人公に異なる目的、能力、ミニゲームが用意されている。(リリース時は2名)

公式PV

公式サイト