日本発のインディーゲーム「天穂のサクナヒメ」、世界累計出荷本数が100万本を突破 記念オリジナルTシャツが当たるキャンペーンを開催

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

マーベラスは6月4日、2020年11月に発売した和風アクションRPG「天穂(てんすい)のサクナヒメ」の世界累計出荷本数が100万本を突破したと発表した。

日本発のインディーゲーム「天穂のサクナヒメ」、世界累計出荷本数が100万本を突破 記念オリジナルTシャツが当たるキャンペーンを開催

「天穂のサクナヒメ」は、島を支配する鬼と闘う爽快なコンボアクションと、日本古来の伝統を取り入れた米づくりシミュレーション要素が融合したユニークな和風アクションRPG。
同人サークル「えーでるわいす」によって企画・開発されたタイトルで、日本発のインディーゲームとしては記録的な販売数となっている。

日本発のインディーゲーム「天穂のサクナヒメ」、世界累計出荷本数が100万本を突破 記念オリジナルTシャツが当たるキャンペーンを開催

また、100万本突破を記念して、オリジナルTシャツを抽選でプレゼントするフォロー&リツイートキャンペーンを実施するとのことだ。
詳細は公式サイトから確認できるので、ぜひチェックしてほしい。

公式サイト

https://www.marv.jp/special/game/sakuna/

公式ツイート