日本ゲーム大賞2021「U18部門」の受賞作品が発表!金賞は古市太郎さんが制作した「Balloon Head」

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

コンピュータエンターテインメント協会は10月3日、「日本ゲーム大賞2021 U18部門」の受賞作品を発表した。

日本ゲーム大賞2021「U18部門」の受賞作品が発表!金賞は古市太郎さんが制作した「Balloon Head」

「日本ゲーム大賞2021 U18部門」は、18歳以下の次世代を担うゲームクリエイター発掘を目的とするコンテスト。

決勝大会の模様は「東京ゲームショウ2021 オンライン」で配信され、愛知県立愛知総合工科高等学校の古市 太郎さんが制作した「Balloon Head」が見事金賞に輝いた。

決勝大会はアーカイブで視聴可能となっているので、気になる方はぜひチェックしてほしい。

金賞

「Balloon Head」(制作者:古市 太郎/愛知県立愛知総合工科高等学校)

日本ゲーム大賞2021「U18部門」の受賞作品が発表!金賞は古市太郎さんが制作した「Balloon Head」

主人公を操作して、罠を避けながら脱するゲーム。主人公は頭が風船で、自由に膨らませたり萎ませたりすることが出来る。これらの特徴を活かして、様々なギミックをクリアしていくのが、このゲームの醍醐味となる。

銀賞

「マグロの惑星」(制作者:山口 登/角川ドワンゴ学園N高等学校)

日本ゲーム大賞2021「U18部門」の受賞作品が発表!金賞は古市太郎さんが制作した「Balloon Head」とある惑星を訪れた調査団の一人が、突然変異や独自の進化を遂げた凶暴なマグロ達が住む惑星からの脱出を試みるサバイバル脱出ゲーム。

銅賞

「AGARES」(制作者:くまちゃんず(熊渕 貴大、藤原 優司、熊澤 邑河)/神戸市立科学技術高等学校)

日本ゲーム大賞2021「U18部門」の受賞作品が発表!金賞は古市太郎さんが制作した「Balloon Head」時を操るAGARES(アガレス)の力に誘われ、不思議な世界に迷い込んだ子ども(プレイヤー)が、時間を進めたり戻したりしながらゴールを目指すアクション パズルゲーム。

【TGS2021】日本ゲーム大賞2021「U18部門」決勝大会