「ペルソナ」シリーズの目黒将司氏がアトラスを退社、インディゲーム制作に挑戦へ

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

10月27日、「ペルソナ」シリーズや「真・女神転生」シリーズの作曲家・ディレクターとして知られる目黒将司氏が、2021年9月末にアトラスを退職し独立したと自身のTwitterアカウントで報告した。

「ペルソナ」シリーズの目黒将司氏がアトラスを退社、インディゲーム制作に挑戦へ

目黒氏は今後、講談社によるインディーゲームクリエイターを支援するプロジェクト「講談社ゲームクリエイターズラボ」のサポートを受け、インディーゲーム開発に注力するという。

なお、アトラス社との関係は良好であり、アトラス社でゲーム音楽の仕事も続けていく予定とのことだ。