PS5がVRR(可変リフレッシュレート)に対応へ コマ落ちやちらつきが軽減化し、映像が滑らかに

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは4月26日、PlayStation5のVRR(可変リフレッシュレート)対応を今週から順次開始すると発表した。

PS5がVRR(可変リフレッシュレート)に対応へ コマ落ちやちらつきが軽減化し、映像が滑らかに

VRRとは、HDMI 2.1でVRRに対応しているテレビやPCモニターにおいて、ディスプレイのリフレッシュレートをPS5本体のグラフィック出力に合わせてリアルタイムで同期する機能。
これにより、コマ落ち(スタッタリング)やちらつき(ティアリング)を最小化し、PS5タイトルのビジュアルパフォーマンスが向上するという。

PS5がVRR(可変リフレッシュレート)に対応へ コマ落ちやちらつきが軽減化し、映像が滑らかに

これまでに発売されたPS5タイトルは今後のゲームパッチで、今後発売されるタイトルは発売当初からVRRに対応するとのことだ。
今後数週間のうちにゲームパッチが配信されるタイトルは以下の通り。

今後VRRに対応するPS5タイトル(一部)

「ASTRO’s PLAYROOM」
「コール オブ デューティ ヴァンガード」
「コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー」
「DEATHLOOP」
「Destiny 2」
「デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション」
「DIRT 5」
「Godfall」
「Marvel’s Spider-Man Remastered」
「Marvel’s Spider-Man: Miles Morales」
「ラチェット&クランク パラレル・トラブル」
「バイオハザード ヴィレッジ」
「ワンダーランズ ~タイニー・ティナと魔法の世界」
「レインボーシックス シージ」
「Tribes of Midgard」

PlayStation.Blog

https://blog.ja.playstation.com/2022/04/26/20220426-ps5/