定額制サービス「Google Play Pass」の提供が日本でもスタート 数百以上のアプリやゲームが楽しめる定額制サービス

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

Googleは4月28日、定額制サービス「Google Play Pass」の提供を日本で開始すると発表した。価格は月額600円、または年額5400円。

定額制サービス「Google Play Pass」の提供が日本でもスタート 数百以上のアプリやゲームが楽しめる定額制サービス

「Google Play Pass」は、広告やアプリ内購入、アプリ単位での事前支払いなしで数百以上のアプリやゲームを楽しめる定額制サービス。
これまで有料アプリとして販売されていた「信長の野望・武将風雲録」、「ベリーリトルナイトメア」といった日本のタイトルから、「Cytus II」、「Stardew Valley」 といった海外のゲームも遊ぶことができるという。

また、毎月新しいゲームやアプリも追加される予定で、「モンスターハンターストーリーズ」や「FINAL FANTASY VII」も今後追加していくとのことだ。今後のアップデートにも期待しよう。

紹介ページ

https://play.google.com/intl/ja_jp/about/play-pass/