ローグライクと体内時計要素が融合!?時間感覚で戦う異色のゲーム『Clock Rogue(クロックローグ)』がSteamストアページをオープン

 ニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

IGNISTONEでインディーゲームクリエイターとしての実力を世に示したmono氏の新作タイトル、「Clock Rogue(クロックローグ)」のSteamページが、本日2月21日オープンしました。

ローグライクと体内時計要素が融合!?時間感覚で戦う異色のゲーム『Clock Rogue(クロックローグ)』がSteamストアページをオープン


前作IGNISTONEに続き今作もローグライクですが、今作はローグライクに体内時計要素を加えた新感覚ゲーム、とのことです。

おそらく、ちょっとよくわからないですね、、、となった方が多いと思いますので、少し説明しますと、

ローグライクと体内時計要素が融合!?時間感覚で戦う異色のゲーム『Clock Rogue(クロックローグ)』がSteamストアページをオープン

プレイヤーはこんな感じの時計っぽい盤面に、色々な機能がついた技=コマを置いていきます。

コマには色々な種類があり、攻撃に特化するか、防御をバランスよく組み込むか、など好みに合わせたいわゆるデッキを組むことができ、ここにローグ要素があるわけです。

ローグライクと体内時計要素が融合!?時間感覚で戦う異色のゲーム『Clock Rogue(クロックローグ)』がSteamストアページをオープン

ただし構築したデッキの力を発揮できるかどうかは体内時計の正確さ次第で、そこがこのタイトル最大の特徴です。

1.5秒後にカウンターマスがあるからそれを使って、、、その後2秒のところにある回復をとって、このターンは防御と攻撃と回復を全部実行しよう。みたいな作戦を立てる訳ですが、これを正確に実行できるかはプレイヤーの体内時計次第。

ちょっとずれてうまく発動しない!ということもよくあります。ずれを見込んでコマの配置を工夫する、などのテクニックもあり構築要素に奥深さがあります。

奥深さはありますが、狙った秒数でマウスをクリックする!というシンプルなルールで、誰でも直感的に遊べるのはClock Rogueの大きな魅力です。
コアゲーマーも、ライトゲーマーも、それぞれのスタンスで楽しく遊べるのではないかと思います。

ローグライクと体内時計要素が融合!?時間感覚で戦う異色のゲーム『Clock Rogue(クロックローグ)』がSteamストアページをオープン

新進気鋭のゲームクリエイター、mono氏の新作Clock Rogueは「近日登場」とのことですので、ウィッシュリストに入れて楽しみに待ちましょう!

mono氏のTwitter(X)で最新情報などがたまにポストされています!