MSI、NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPERを搭載したOCグラフィックスカード2製品を発売 【ドリームニュース】

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ドリームニュース 

2019年11月22日 - Micro-Star International Co., Ltd. 台湾・新北市 - グラフィックスカード市場において、その性能の高さと品質で人気を誇るMicro-Star International(MSI)は、NVIDIAのTuringアーキテクチャを採用した新しいエントリーGPU、GeForce GTX 1650 SUPERを搭載したオーバークロックグラフィックスカードとして、「GeForce GTX 1650 SUPER VENTUS XS OC」と、ショート基板採用モデル「GeForce GTX 1650 SUPER AERO ITX OC」の2製品を11月22日23時より販売開始いたします。市場想定価格(税別)は、それぞれ20,980円と20,480円です。

NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPERは、1280基のCUDAコアをTSMCの12nmプロセス技術で統合したTuringアーキテクチャの最新エントリーGPUで、128bit GDDR6メモリインターフェースを採用し4GBのグラフィックスメモリを搭載。ハードウェアリアルタイムレイトレーシング機能のRTコアやAIの機械学習を加速するTensorコアを省くことでコストパフォーマンスを高めています。また、最新ドライバと組み合わせることでMicrosoftのDirectX Raytracingによるリアルタイムレイトレーシング機能をサポートできるため、最新ゲームタイトルのより写実的なビデオ描画をお楽しみいただけます。

GeForce GTX 1650 SUPER VENTUS XS OCは、デュアルファンとアルミヒートシンクを組み合わせた冷却機構を採用することによりGPUと電源部を効率よく冷却し、最大ブーストクロック1740MHzのオーバークロック時でも安定した動作を実現します。一方、GeForce GTX 1650 SUPER AERO ITX OCは、カード長をより短くしたモデルで、耐久性と安定性にすぐれたアルミ固体コンデンサを採用した電源回路を組み合わせることで安定したオーバークロック動作を可能にしたモデルです。いずれの製品も、Display PortとHDMIに加え、DVI-I出力をサポートすることにより、既存のモニターとの接続性を向上させており、ビジネス用途では旧型のプロジェクターなどの企業資産を活かすこともできます。

さらに、MSI独自のオーバークロックユーティリティAfterburnerを利用することで、システムに応じてより高クロックかつ安定したオーバークロック動作を試すことができます。さらに、MSI製マザーボードやデスクトップPC、モニターなどをご利用の方は、MSI独自アプリケーションのDragon Centerにより、ひとつのユーティリティで簡単かつ包括的な設定を実現します。

両製品の主な仕様は以下のとおりです。

【製品仕様】

【製品情報】
GeForce GTX 1650 SUPER VENTUS XS OC
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-GTX-1650-SUPER-VENTUS-XS-OC
GeForce GTX 1650 AERO SUPER ITX OC
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-GTX-1650-SUPER-AERO-ITX-OC

□お客さまからのお問い合わせ先
 エムエスアイコンピュータージャパン株式会社
 MSIお客様ご相談窓口
 E-mail:supportjp@msi.com
 URL:http://jp.msi.com/

MSIについて
MSIは世界を牽引するゲーミングブランドとして、ゲーミング業界とeSports業界からもっとも信頼されているベンダーの一社です。MSIは、デザインの革新性、卓越した性能の追求、そして技術のイノベーションという基本原則に則り行動しています。すべてのゲーマーが熱望する機能を統合した製品を開発することで、ゲーミング機器に対する長い試行錯誤から解放し、ゲーマーの限界をも超えるパフォーマンス向上に貢献します。過去の実績をも乗り越えようという決意のもと、MSIは業界の中でもゲーミングスピリットをもった「真のゲーミング(True Gaming)」ブランドであり続けます。

配信元企業:Micro-Star International
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ