IGDA日本・技術書同人誌博覧会に初出展し「ゲーム開発者のためのごった煮同人誌 Vol.1」頒布 【ドリームニュース】

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ドリームニュース 

IT系エンジニアを中心とした個人・グループ等によって執筆・頒布される、"技術系同人誌”が静かな盛り上がりを見せています。こうした中、IGDA日本では2019年12月14日(土)にプラザマーム(東京都中央区)で開催される同人誌即売会「第二回技術書同人誌博覧会」にブース出展する運びとなりましたので、お知らせいたします。当日は有志により執筆した新刊「ゲーム開発者のためのごった煮同人誌 Vol.1」を頒布いたします。ゲーム開発者が独自の視点で記した、さまざまな開発技術や関連情報が満載された内容ですので、ぜひ足をお運びください。

◆出展案内

開催日 2019年12月14日(土)午前11時~午後5時
会場名 プラザマーム(東京都中央区日本橋浜町1-1-12)
出展サークル 100サークル(予定)
配置番号 2F-こ05

◆IGDA および IGDA 日本について

国際ゲーム開発者協会 ( https://www.igda.org/ )は 1994 年に設立され、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本部を置き、全世界で 1 万人超の登録会員を数える、ゲーム開発者個人を対象とした国際 NPO 団体です(カリフォルニア州法に基づく NPO 法人)。日本支部は 2002 年に設立され、2012 年 12月に NPO 法人に認定されました。ゲーム開発者間の情報共有とコミュニティ育成を通した社会貢献をミッションとし、さまざまな活動を行っています。

NPO 法人 IGDA 日本公式サイト https://www.igda.jp/

◆第二回技術書同人誌博覧会について

技術書同人誌博覧会(技書博)は、エンジニア(おもにITエンジニア)が自身の知見を「本」という形で共有するために開催される、技術書オンリーイベント(同人誌頒布即売会)です。2019年7月27日に初回開催され、64サークルが出展しました。第二回は2019年12月14日に開催され、約100サークルが出展する予定です。
公式サイト https://gishohaku.dev/

本リリースへの質問・問い合わせなどは info@igda.jp まで

配信元企業:特別非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ