NPO法人IGDA日本、特別ウェビナー「Fortniteのユーザーエクスペリエンス」開催 【ドリームニュース】

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ドリームニュース 

新型コロナウイルスの影響で、さまざまなイベントや勉強会の延期や中止が続いています。こうした中、NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)では2020年3月28日に特別ウェビナー「Fortniteのユーザーエクスペリエンス」を開催いたしますので、お知らせいたします。

講演者は元Epic Gamesで、ユーザーエクスペリエンス(UX)ディレクターとして人気ゲーム「Fortnite」の開発に開発にたずさわり、現在はゲーム開発のコンサルタント業を営むセリア・ホデント氏です。

ホデント氏は世界最大級のゲーム開発者会議「Game Developers Conference(GDC)」のGameUX Summitでアドバイザリーボードメンバーをつとめ、書籍『ゲーマーズブレイン UXと神経科学におけるゲームデザインの原則』(ボーンデジタル)を上梓するなど、本分野の第一人者として国際的に高い評価を受けている人物です。

ウェビナーはインターネットのストリーミング配信を利用した、オンライン講義の一形態です。配信は『ゲームクリエイターズクライシス』など、さまざまなストリーミング番組を配信している多目的スタジオ、ぴこすの協力を得て、16時から18時まで動画共有サイトのYoutubeLive上で無料配信される予定です。講演は日本語の逐次通訳を加えつつ、英語で行われます。

配信内容は録画され、一般公開される予定ですが、インターネットを介して直接ご質問いただくこともできますので、ぜひライブでご視聴ください。

配信日時:2020年3月28日(土) 午後4時~6時(予定)
配信アドレス:https://youtu.be/Ccxhlrr0uvY

講演概要

タイトル:Fortniteのユーザーエクスペリエンス

説明:ユーザーエクスペリエンス(UX)は、ビデオゲーム業界にとって非常に新しい考え方であり、ゲームを楽しく魅力的にする方法を考えるうえで、特定の課題があります。 元Epic GamesのUXディレクターとして、およびゲーム業界で10年以上の経歴を持つベテランとして、セリア・ホデントは『フォートナイト』で使用されたUXフレームワークについて説明します。具体的には、ゲームをデザインする際に考慮すべき主な脳の制限について説明したうえで、ユーザビリティとエンゲージメント能力という、2つの点でゲームUXについて解説していきます。ゲーム開発者は本講演を聴くことで、開発中のゲームを成功させる上で必要なレシピが得られます。

講演者プロフィール

セリア・ホデントは、ゲーム業界でのユーザーエクスペリエンス(UX)と認知科学の応用におけるリーダーとして認識されています。 セリアは心理学の博士号を取得しており、ビデオゲームスタジオでのUX戦略とプロセスの開発について、10年以上の経験があります。 Ubisoft(『Rainbow 6』フランチャイズなど)、LucasArts(『Star Wars:1313/開発キャンセル』など)での業務や、Epic GamesのUXディレクター(『フォートナイト』など)を通じて、PCからコンソール、モバイル、そしてVRまで、複数のプラットフォームで多くのプロジェクトに貢献してきました。 セリアは2016年にスタートしたゲーム開発者会議、Game UX Summitの創設者であり、GDCにおけるUX Summitのアドバイザリーボードメンバーであり、仏CNIL Foresight Committeeのメンバーであり、書籍『ゲーマーズブレイン UXと神経科学におけるゲームデザインの原則 』の著者でもあります。現在、彼女はコンサルタントとして独立し、スタジオがゲームの魅力と成功の可能性を高めることを支援しています。

Twitter: @CeliaHodent
Blog: celiahodent.com

◆IGDA および IGDA 日本について

国際ゲーム開発者協会 ( http://www.igda.org/ )は 1994 年に設立され、米国カリフォ
ルニア州に本部を置き、全世界で 1 万人超の登録会員を数える、ゲーム開発者個人を対象とした国際 NPO 団体です(カリフォルニア州法に基づく NPO 法人)。日本支部は 2002 年に設立され、2012 年 12月に NPO 法人に認定されました。ゲーム開発者間の情報共有とコミュニティ育成を通した社会貢献をミッションとし、さまざまな活動を行っています。

NPO 法人 IGDA 日本公式サイト http://www.igda.jp/

以上

本リリースへの質問・問い合わせなどは info@igda.jp まで

配信元企業:特別非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ