【矢野経済研究所プレスリリース】玩具市場に関する調査を実施(2020年) 2019年度の玩具市場はヒット商品がなく前年を割るも、2020年度はコロナ禍でも堅調推移を予測 【ドリームニュース】

 ニュース 
  公開日時 
 著者:ドリームニュース 

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の玩具市場を調査し、現況、玩具分野別や参入企業の動向、および将来展望を明らかにいたしました。

1.市場概況
2019年度の国内玩具市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、主要9品目で前年度比4.0%減の6,402億円、テレビゲームを除く主要8品目では同4.7%減の3,352億円と推計した。ともに前年度を下回る結果となった。
主要8品目において、3割程度のシェアを占める男児キャラクター・男児玩具市場は、トレーディングカードゲームは引き続き好調に推移し、一部の定番商品は健闘していたものの、目立ったヒット商品がなく減少し、前年度「サプライズトイ※」が大きな話題を呼んだ女児キャラクター・女児玩具は、人気キャラクターの玩具は好調だったものの、これまで市場を牽引してきた定番商品が厳しく、前年を割った。

※サプライズトイとは、商品パッケージを開封するまで、中身がわからない仕様で、開封する作業も楽しむことができる玩具のことである。

2.注目トピック~コロナ禍の巣ごもり需要を受けて、ジグソーパズル、アナログゲーム市場が急拡大
2020年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、緊急事態宣言が発出され、さまざまな活動や外出が自粛されたことから、「巣ごもり」「イエナカ」「おうち時間」などをキーワードとした需要・消費が旺盛となったことで、ジグソーパズル、アナログゲーム市場等において、ゴールデンウイーク商戦や夏休み商戦を中心に追い風が吹くかたちとなった。

3.将来展望
2020年度の国内玩具市場規模(メーカー国内出荷金額ベース)は、主要9品目で前年度比4.7%増の6,705億円、テレビゲームを除く主要8品目では同0.1%増の3,355億円を予測する。
主要8品目においては、ジグソーパズル、アナログゲーム市場などが巣ごもり需要を受け前年度比で二桁増を記録するものと予測するが、合計して全体の3割ほどを占める男児玩具と女児玩具ともに、苦戦している状況が続いているものとみられることを背景に、前年度比では横ばい程度で推移するものと予測する。
なお、テレビゲームを含めた主要9品目に関しては、巣ごもり需要を受けていることに加えて、新たなハードウェアも投入されたことから、拡大するものと考える。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2619

調査要綱
1.調査期間: 2020年10月~12月
2.調査対象: 玩具・模型ホビー・テレビゲーム関連メーカー、卸問屋、小売事業者等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・電子メールによるヒアリング、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2020年12月25日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

配信元企業:株式会社矢野経済研究所
プレスリリース詳細へ
ドリームニューストップへ