【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

 イベント取材 
  公開日時 

著者:ちゃんたく

6月1日~2日、国内最大級のインディーゲームイベント「BitSummit 7 Spirits」が、京都の「みやこめっせ」で開催されました。

この記事では、「BitSummit 7 Spirits」で個人的に面白かったと思うゲームを3つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

デッキ構築が病みつきになるカードゲーム「slay the spire」

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

「slay the spire」は、デッキを構築しながらダンジョンを攻略していくカードゲーム。Steam版で早期アクセスの段階で人気を博し、今年1月に正式発売されました。
Switch版は発売の延期が続いていましたが、ついに今年の6月中に発売する事が発表されました。

さて、「slay the spire」は戦闘に勝利しながらマップを進めていくゲーム。

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

マップには戦闘マス、休憩マス、宝箱マスなどがあり、遊佐ーは進みたいルートを進むことができます。
ただし分かれ道がない場合、その先にあるマスを避けることができません。例えばHPが少ないのに戦闘が続きそうなルートに行ってしまうと苦しくなります。進行ルートの配置をしっかり確認しながら進まなければなりません。

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

戦闘はターン制で進行します。自分のターンに5枚のカードを引き、コストを消費してカードを使用することで攻撃や防御を行うというもの。

手札はランダムで配られ、そこがこのゲームの面白いポイントです。攻撃したいのに防御系のカードを引いたり、逆に防御したいのに攻撃系のカードばかり来てしまう事も。やりたい事が出来ないモヤモヤと上手くいった時の爽快感が病みつきになります。

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

戦闘に勝利すると報酬が貰え、新たばカードをゲットする事ができます。これを繰り返していくことで強力なデッキを構築し、強敵を倒していきます。

この戦闘後のカードの取捨選択が難しく、なんとなく強そうなカードばかり選んでしまいがちですが、そうするとデッキのバランスが悪くなってしまいます。今どのカードが必要なのか、というデッキ構築のバランスを考えるのもこのゲームの楽しさの一つです。

かわいいドット絵キャラで手軽に遊べるローグライクゲーム「魔女の迷宮」

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

続いて紹介するのは、可愛いドットキャラ絵で遊べるローグライクゲーム「魔女の迷宮」です。もともとスマホで人気のゲームでしたが、Switch版で発売されることが決定しました。

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

今回は「BitSummit 7 Spirits」専用に作られた限定ダンジョンに挑戦したいと思います。

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

このゲームの魅力は、クオリティの高いドット絵。プレイヤーキャラも敵キャラも親しみやすく、可愛らしい感じに仕上がっています。子供から大人まで安心して遊べるのが良いですね。

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」 【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

ゲームはシンプルなローグライクRPGで、誰でもお手軽に遊ぶことが出来ます。
”初心者でも楽しめるローグライクゲーム”というテーマの通り、複雑なルールや操作もありません。道中でアイテムを拾い、敵キャラを倒して、自分を強化していきます。

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

ワープマスや階段を通ってボスがいる5階層まで到達しました。上にいる紫のキャラクター「クイーンスラピ」がボスです。

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

まだ敵が遠い場所にいたので、途中で拾った矢を使って攻撃。手に入れたアイテムを駆使して戦うのもローグライクダンジョンの面白い所です。

しかし、攻撃すると敵が分裂。焦って攻撃しまくり、窮地に陥る筆者。残念ながらクリアできず、ボスにやられてしまいました。道中でワープしたり、すぐに階段を下りたり、楽をし過ぎたのが原因かもしれません。もっと探索してレベル上げたりアイテムを拾っておくべきでした。

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

アイテムが尽き、回復もできず、「完全に詰んだ」という絶望感を味わうのも、ローグライクダンジョンの通過儀礼ですね。

「炒める音」を出すゲーム!?一発勝負のユニークなゲーム「音効炒飯」

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

最後に紹介するのは、ユニークな一発ゲーム「音効炒飯」です。会場を回っていると何やら面白そうな空気を感じて流れ着きました。

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

このゲームは、マイクに向かってビニール袋を擦り、「炒飯を炒める音」をどれだけ上手く再現できるかという抜群に面白いアイデアゲームです。

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」

ボタンを押すとゲームが始まり、後は自分が炒飯を炒める天才料理人であるという気持ちになって、時間いっぱいビニールを擦るだけ。音の大きさや周期などが記録され、最後に結果が発表されます。

【BitSummit 7 Spirits】力作が勢揃いのBitSummitのインディーゲームの中から、面白かった3作を紹介!「slay the spire」「魔女の迷宮」「音効炒飯」筆者も挑戦してみましたが、会心炒飯(☆3.5個)という結果に。

子供から大人まで様々な人がこのゲームに挑戦していました。筆者もしばらくいろんな人のプレイを眺めていましたが、誰も星5を出すことが出来ていませんでした。音が大きすぎても小さすぎてもダメということで、上手く緩急をつける必要があるのかもしれません。

このゲーム、見た目以上に難しく、奥が深い。

このような一発系の面白いゲームを体験できるのも、インディーゲームイベントの醍醐味です。

著者:ちゃんたく
eスポーツシーンを追い続けるゲームライターで、今は「ストリートファイター」界隈に夢中。生粋のラブライバーで、推しは星空凛、津島善子。
著者のTwitter著者のPIXIV