ChinaJoy 2016 現場レポート

 取材 
  公開日時 

 著者:加藤賢治(SQOOL代表 兼 編集長) 

2016年7月28日から2016年7月31日の5日間にわたって上海で開催されたChina Joy。

スポンサーリンク
そのアジア最大級のゲーム関連イベントにSQOOL.NETも正規メディアパートナーとして参加しました。

2016-cj-logo-01-1

この記事では、China Joy現地の様子をお届けします。

p_20160729_110818

SQOOL.NETもChina Joyの冊子に載りました!記念にパチリ。

China Joyは会場が広い!

p_20160730_133547

China Joyが開催された会場は、このような三角形の作り。
これがまたとんでもなく広くて、どれくらい広いかというと

img_0297

こんな感じ。
遠くに見える建物1つ1つが会場です。

p_20160730_154153

40度を超える炎天下の中、目的の建物を目指して黙々と歩きます。暑い!

1つの建物の大きさも巨大で、その中に所狭しとブースが並んでいました。

img_0513

会場内はこんな感じ。
ビジネスデーと一般公開デーと足を運びましたが、全てを丁寧に見るのは無理!という量でした。

やはりVRは注目のコンテンツ!

p_20160728_161437

Play Station VRをはじめ、VR関連の出展は多数!中国でもVRに対する注目の高さが分かります。

p_20160728_171045

このような、体感型のVRゲームも多数出展されていました。
ちなみにこれは筆者も試乗してみましたが、VRの揺れと筐体の揺れが合わさってかなり操作が難しいゲームでした。

p_20160728_160924

こちらは音響とVRを組み合わせたタイプ。

p_20160730_142219

VR彼女コンテンツ。

p_20160730_145213

p_20160730_145241

VRと近いところで、AR彼女的なコンテンツも人気でした。
日本でもラブライブが人気ですが、中国でもこの手のコンテンツはやはり人気!

アイドルユニットもたくさん!

p_20160730_133317

会場ではアイドルユニットのライブパフォーマンスも多く見られました。

p_20160730_144056

中にはAKBの曲が日本語でそのまま流れているステージも。
上海にもAKBグループがありますので、そのグループが来ていたのかもしれません。ただ、ちょっと数が多かったので、派生してできたユニットもいくつかあるんでしょうか。

p_20160728_171405

本家AKBの看板もありました。

大人気のe-sports!関連するビジネスも巨大!

p_20160730_124635

日本でも徐々に浸透してきている、ゲーム対戦を協議化した「e-sports」。中国での人気はかなりのもの!

p_20160730_123535 p_20160730_121210

p_20160730_122046

e-sportsの巨大な競技ブースが多数出展されており、多くの人が熱狂していました。

p_20160730_125840 p_20160730_130129

関連して、ネット放送局や、

p_20160730_125659

ネット放送局用のタレント育成、

p_20160730_123716

e-sports用の椅子なども、巨大な市場を形成しています。

e-sportsがサッカーや野球と同じように認知されているようでした。

中国にもGoogleはある!

img_0313

中国ではグレートファイアーウォールによってGoogleの各サービスへの直接のアクセスはできませんが、中国にもGoogleはあります。
China Joyにもブースが出展されており、また隣接する会場ではセミナーも実施されていました。

p_20160729_134502

Googleのロゴと中国語の組み合わせは新鮮。

img_2817

主にアプリの海外進出関連のサービス説明と、

p_20160729_164239

VRに関するものでした。

img_2819

セミナーの後はオリジナルのスイーツがふるまわれました。

China Joyを彩る美女たち!

img_0372

China Joyには多くのブースと共に美女たちも来場者を楽しませました!
最後にChina Joyを彩ったコンパニオンさんをご紹介します。

p_20160730_143546

img_0484

p_20160730_135141

img_0565

p_20160730_133810

p_20160730_133043

p_20160730_122700

p_20160730_122407

img_0571

img_0530-1

熱狂のChina Joy ゲーム市場の力強さ

img_0474

筆者にとって初めてのChina Joyでしたが、その感想は「アツイ!」の一言。
会場は一種の熱狂に包まれていて、ゲーム市場の力強さを感じました。

そして気温もアツイ!
天気予報では上海は38度!でしたが、会場の外はアスファルトからの放射熱でおそらく40度以上。
サウナジョイと呼ばれるほど毎年猛暑に見舞われるChina Joy、来年行かれる方は暑さ対策を万全にしていきましょう。

ちなみに会場内は冷房が効いていますから、中にいる分には大丈夫。

img_0491

img_0578

これだけの規模のゲームイベントはなかなか無いでしょう。
暑さを我慢して見てみるだけの価値はあります。

上海は日本からも近い都市。飛行機のチケット代も高くありませんので、興味のある方は是非現地でChina Joyの熱狂を見てみてはいかがでしょうか。

ChinaJoy2016関連記事

ChinaJoy 2016 現場レポート
アジア最大級のゲーム・エンターテインメント産業イベント「ChinaJoy」の見どころは?
アジア最大級のゲームイベント「ChinaJoy」間もなく開催!同時開催される「china digital entertainment expo & conference」とは
上海のゲームカンファレンス『ChinaJoy』に正規メディアパートナーとして参加致します

Chinajoy2017公式チャンネル

著者:加藤賢治(SQOOL代表 兼 編集長)
いつの間にかメディアの人みたくなったことにいまだに慣れない中年ゲーマー。夜行性。
好きなゲームは「桃鉄」「FF5」「中年騎士ヤスヒロ」「スバラシティ」「モンハン2G」「レジオナルパワー3」「スタークルーザー2」「鈴木爆発」「ロマサガ2」「アナザーエデン」などなど。
著者Twitter