【レポート】デジゲー博2018で楽しんだインディーズゲームを紹介!Vol.1

 イベント取材 
  公開日時 

著者:ニュー侍

11月4日、秋葉原UDXで開催されたデジゲー博2018。今回の取材の目的は、まだリリースされていない小規模チーム・個人開発によるインディーズゲームの試遊。たくさんのおもしろいゲームと出会うことができました。

スポンサーリンク

この記事では筆者が回った各ブースの様子をお届けします。

Ske6ブースで育成ゲーム「ことだまっち」を遊ぶ!

まず最初にご紹介するのはSke6のブース。

【レポート】デジゲー博2018で楽しんだインディーズゲームを紹介!Vol.1

こちらのブースではコトダマを食べさせてキャラクターを育成するスマホゲーム「ことだまっち」が展示されていました。

【レポート】デジゲー博2018で楽しんだインディーズゲームを紹介!Vol.1

かわいいお部屋で楽しく元気いっぱいに動くことだまっち。
進化していくことで姿が変わっていくとのことで、どのように育てるのかという楽しみもあります。どんな「ことだまっち」が登場するのか楽しみですね。

「ことだまっち」公式サイト

STUDIO SHINブースで音声が追加された「トラップマスター」を体験!

続いてご紹介するのは「STUDIO SHIN」のブース。

【レポート】デジゲー博2018で楽しんだインディーズゲームを紹介!Vol.1

こちらには、二人のキャラクターを操作してマップを探索し、謎を解き脱出を目指すスマホゲーム「トラップマスター」の最新バージョンが展示されていました。
各キャラクターに音声が追加され、ヒントに挿絵が入るなど、より遊びやすくなっていました。

謎解きゲーム好きにおすすめな本作。すでにリリースされていますので気になったら遊んでみましょう!

「トラップマスター」をダウンロードする

WOLF RPGエディターで開発されたPC向けRPG「紅い悪夢と水の世界のマジェスティ」を遊ぶ!

サークル「Midori*Creates」のブースには、PC向けのRPGが展示されていました。

【レポート】デジゲー博2018で楽しんだインディーズゲームを紹介!Vol.1

内容はシンプルかつオーソドックス。個人でRPGを開発したいと考えている方の参考にもなりそうです。
すでに販売されているので気になった方は要チェック!

紅い悪夢と水の世界のマジェスティ

Kotoriyamaブースで和尚が活躍するアクションゲームを体験!

スマホゲーム「ねぇAI、本当の事がしりたい」を手がけるKotoriyamaブースには、和尚が主役のシンプルなアクションゲームが展示されていました。

【レポート】デジゲー博2018で楽しんだインディーズゲームを紹介!Vol.1

タイトルは「風呂が脱衣所から遠すぎる。」と素敵なネーミング。

【レポート】デジゲー博2018で楽しんだインディーズゲームを紹介!Vol.1

タイトル画面での和尚は作務衣を着ていましたが、ゲームが始まると裸に!裸の和尚アクションを3ステージで十分に堪能させていただきました。

ちなみにですが、ゲームに登場している和尚のことが気になったら「和尚本」で検索すると何かが見つかるかもしれませんよ!

和尚のアクションゲームはリリースされていませんが、「ねぇAI、本当の事がしりたい」はダウンロードして遊ぶことができますので、是非遊んでみてください。

「ねぇAI、本当の事がしりたい」をダウンロードする

キャラクターを集めるスマホゲーム「キャラコネクト」で美少女と触れ合う!

エヌ次元のブースでは、スマホゲーム「キャラコネクト」で美少女たちと触れ合ってきました。

【レポート】デジゲー博2018で楽しんだインディーズゲームを紹介!Vol.1

「キャラコネクト」は、アニメやゲームなどのキャラクターがアプリオリジナルのセリフを話しかけてくれるというもの。

【レポート】デジゲー博2018で楽しんだインディーズゲームを紹介!Vol.1

デジゲー博では「ポケットガール2」のキャラクターと触れ合うことができました。
今後、どのようなキャラクターが追加されるのか期待しながらリリースを待ちたいです。

エヌ次元公式サイト

あなたはわかる?「グリグリ都道府県」で日本の地理を再確認!

ミライノ制作所ブースでは、スマホゲーム「グリグリ都道府県」をプレイしてきました。

【レポート】デジゲー博2018で楽しんだインディーズゲームを紹介!Vol.1

方向音痴、土地勘もない、そんな自分が日本の都道府県の場所がわかるのだろうか……。

【レポート】デジゲー博2018で楽しんだインディーズゲームを紹介!Vol.1

プレイしてみると各都道府県のピースが現れるので、グリグリと動かして日本地図にあてはめるというものです。正解の場所付近でもオーケーだったので気軽に楽しめましたよ。

ミライノ制作所公式サイト

引き続きVol.2でも色々なインディーゲームをご紹介しますので、お楽しみに!

デジゲー博2018で楽しんだインディーズゲームを紹介!Vol.2

著者:ニュー侍
スマホゲームを開発していたり、スマホメディアにて数多くのアプリを紹介している個人開発者兼フリーライター。
個人開発のアプリから大手メーカーまでをカバーし、新しいアプリをダウンロードしてはプレイし続ける日々を送っている。