【GTMF 2019 Tokyoレポート】ゲーム開発を支える技術や、視聴者と実況者が一緒にゲームを楽しめる技術などが出展

 イベント取材 
  公開日時 

著者:ニュー侍

アプリ・ゲームの開発に関わるソリューションが一同に会するイベント「GTMF 2019」が7月12日、東京(秋葉原UDX GALLERY NEXT THEATER)にて開催された。その様子をレポートする。

【GTMF 2019 Tokyoレポート】ゲーム開発を支える技術や、視聴者と実況者が一緒にゲームを楽しめる技術などが出展

GTMFでは、アプリやゲーム開発に使われるミドルウェアなどが展示されていた。ミドルウェアと聞いてもユーザー(プレイヤー)の中には何のことか人が多いと思う。でも、聞いたことがあるという方もいるはずだ。

ゲームをプレイすると、ロゴがたくさん出ることもあり、その中にはミドルウェアのものもあるだろう。ミドルウェアとはコンピュータの中間的な処理を行うツールのことであり、ざっくりと言うと、このミドルウェアがあることでゲームは快適に開発されているのだ。

【GTMF 2019 Tokyoレポート】ゲーム開発を支える技術や、視聴者と実況者が一緒にゲームを楽しめる技術などが出展

ここからは著者が訪れたブースをご紹介する。

遅延1秒未満というストリーミングで、eスポーツやゲーム実況への展開を目指す「ライムライト・ネットワークス」

【GTMF 2019 Tokyoレポート】ゲーム開発を支える技術や、視聴者と実況者が一緒にゲームを楽しめる技術などが出展

ライムライト・ネットワークスのブースでは、「Limelight Realtime Streaming」という遅延1秒未満のライブゲーム・動画ストリーミング・ソリューションが展示されていた。
現在は、YouTubeやTwitchでゲームをライブ実況配信しているプレイヤーが増えているが、視聴者とプレイヤーでは見ている画面(ゲーム映像)が遅延が発生して、リアルタイムで楽しむことはできない。その遅延を1秒未満という技術を実現したのが同社が開発・研究している技術だ。

【GTMF 2019 Tokyoレポート】ゲーム開発を支える技術や、視聴者と実況者が一緒にゲームを楽しめる技術などが出展

技術的な背景を理解するのは難しいが、

「例えば、トラック便で一度に多くの荷物を送るのではなく、バイク便を何台も出して荷物を送る」

という説明があり、これでどういう仕組みなのか何となく理解できるだろう。

では低遅延を実現することでどんなことができるのか。最近ではクラウドゲーミングについて盛り上がってきているが、その背景には5Gがやってくるということもある。5Gの魅力の1つは低遅延だ。

【GTMF 2019 Tokyoレポート】ゲーム開発を支える技術や、視聴者と実況者が一緒にゲームを楽しめる技術などが出展

現在、「ライムライト・ネットワークス」と「Genvid Technologies」が共同で、視聴者がゲームに介入できるシステムを研究開発しているそうだが、実現すればeスポーツやゲーム実況がさらに盛り上がるだろう。
視聴者には「視聴する」だけだったゲーム実況の世界が、今度は「参加する」ことももできる。そんな未来がもう、そこまでやってきている。

「ライムライト・ネットワークス」ウェブサイト

https://www.limelightnetworks.jp/

「Genvid Technologies」ウェブサイト

https://www.genvidtech.com/

ゲームグラフィックを支える「シリコンスタジオ」

次に訪れたブースはゲームエンジンやVR、ゲームアプリなどを開発している「シリコンスタジオ」。ゲームに欠かせないグラフィック関連のサービスを中心に展示していた。

【GTMF 2019 Tokyoレポート】ゲーム開発を支える技術や、視聴者と実況者が一緒にゲームを楽しめる技術などが出展

筆者は様々なゲームの記事を執筆する中で、「グラフィックのクオリティーがすごい」という感想をよく発信するが、素晴らしいグラフィックのゲームというのは、開発を支援するこのようなツールがあるからこそ実現するのだ。

また展示内容とは関係はないが、シリコンスタジオはゲームアプリ「WonderBlocks」を配信している。
元々は基本無料ゲームだったものが、有料で最後まで遊べるようになっている。ブロックを使ったパズルはシンプルで奥が深い。こちらも是非プレイして欲しい。

「WonderBlocks」ダウンロードURL

「シリコンスタジオ」ウェブサイト

https://www.siliconstudio.co.jp/

インフラ、開発、テストなどをサポートするソリュションを展示「NHN JAPAN」

続いて訪れたブースは「NHN JAPAN」。NHNと聞いて思い浮かぶのは、「妖怪ウォッチ ぷにぷに」や「ドクターマリオ ワールド」の開発を手がけている会社とうことだろう。

【GTMF 2019 Tokyoレポート】ゲーム開発を支える技術や、視聴者と実況者が一緒にゲームを楽しめる技術などが出展

ブースではゲームを紹介しているのではなく、これから日本でも展開していく「NHN TOAST」というサービスを紹介していた。TOASTはゲーム会社だけでなく、銀行などでも利用されている情報クラウドサービス。韓国では多くの企業で導入されており、日本での展開にも注目している。

【GTMF 2019 Tokyoレポート】ゲーム開発を支える技術や、視聴者と実況者が一緒にゲームを楽しめる技術などが出展

同社が展開している3分で勝負が決まるスマホで楽しめるオンラインゲーム「#コンパス」のキャラクターカードの配布も行っていた。

「#コンパス 【戦闘摂理解析システム】 」ダウンロードURL

「NHN TOAST」ウェブサイト

https://www.toast.com/jp

「GTMF 2019」東京会場には、30社がソリューションを展示していた。

「GTMF 2019」ウェブサイト

https://gtmf.jp/2019/index.html

著者:ニュー侍
スマホゲームを開発していたり、スマホメディアにて数多くのアプリを紹介している個人開発者兼フリーライター。
個人開発のアプリから大手メーカーまでをカバーし、新しいアプリをダウンロードしてはプレイし続ける日々を送っている。