【東京ゲームショウ2019】仙台市&仙台拠点のゲーム会社の団体「仙台ゲームコート」が出展 フィンランドからレアな出展社も?!

 イベント取材 
  公開日時 

著者:篭谷千穂

東京ゲームショウ2019のビジネスソリューションコーナーにて、宮城県仙台市と同市内にオフィスを構えるゲーム会社の団体「仙台ゲームコート」が合同ブースを出展しています(ビジネスデーのみ)。

【東京ゲームショウ2019】仙台市&仙台拠点のゲーム会社の団体「仙台ゲームコート」が出展 フィンランドからレアな出展社も?!

仙台市はかねてより「日本一起業しやすい街」「IT・ゲームの街」を目指して様々な施策を行っており、そのプロジェクトを開始して以来ずっと連続して東京ゲームショウに出展している常連自治体の一つです。地方自治体がパビリオン形式ではないブースを、それも一般ユーザーをメインターゲットとしたゲームの巨大見本市に出展し続けているのはかなり珍しいのではないでしょうか。

なお、今回は仙台ゲームコートの参画企業の一社である株式会社ピコラが今年リリースしたスマートフォン向け放置シミュレーションゲーム「パンダと犬 いつでも犬かわいーぬ」を大々的にフィーチャーしていました。

【東京ゲームショウ2019】仙台市&仙台拠点のゲーム会社の団体「仙台ゲームコート」が出展 フィンランドからレアな出展社も?!もちろんゲーム自体を試遊することができ…

【東京ゲームショウ2019】仙台市&仙台拠点のゲーム会社の団体「仙台ゲームコート」が出展 フィンランドからレアな出展社も?!各種ステッカーなどノベルティグッズもたくさんあります。犬の鼻カードは記念撮影に使えそう。

レビュー:
犬への愛情がハイパーインフレ! 人気キャラ「パンダと犬」の放置&タップゲーム「パンダと犬 いつでも犬かわいーぬ」

【東京ゲームショウ2019】仙台市&仙台拠点のゲーム会社の団体「仙台ゲームコート」が出展 フィンランドからレアな出展社も?!

【東京ゲームショウ2019】仙台市&仙台拠点のゲーム会社の団体「仙台ゲームコート」が出展 フィンランドからレアな出展社も?!他にも、ピコラと同じく仙台ゲームコートの参画企業の一社である株式会社インフィニットループが提供する、バーチャルキャラクターおでかけゲーム「Vタビ-日本横断旅情アドベンチャーゲーム-」(iOS/Android)や、今年2月に開催された学生向けのアプリ開発コンテスト「DA・TE・APPS!2019」で優勝に輝いた作品「Nightmare Cube」(iOS/Android)といった同市にゆかりのあるタイトルを試遊出展しています。

なお、仙台市のブースで特徴的なのは、同市と友好都市協定を締結しているフィンランド・オウル市から毎回ゲームディベロッパー/パブリッシャーを招聘し、彼らの提供タイトルも併せて紹介していること。今回の出展企業は、スマートフォン向け物理レーシングゲーム「Hill Climb Racing」シリーズを提供しているFingersoftです。

【東京ゲームショウ2019】仙台市&仙台拠点のゲーム会社の団体「仙台ゲームコート」が出展 フィンランドからレアな出展社も?!

【東京ゲームショウ2019】仙台市&仙台拠点のゲーム会社の団体「仙台ゲームコート」が出展 フィンランドからレアな出展社も?!

同社の名は日本でこそあまり知られていませんが、「Hill Climb Racing」シリーズは世界人口の1/8に相当する10億以上のダウンロード数を獲得しており、RemedyやRovio、Supercellに並ぶフィンランドの代表的なゲーム企業の1つです。にも関わらず、同社はゲームショウに出展”しない”ことで知られており、フィンランド本国のゲームショウ「Gamexpo」にすら出展したことがありません。それが、仙台市のブース内とはいえ東京ゲームショウに参戦するのは異例中の異例。スペースではもちろん「Hill Climb Racing」を試遊出展しているほか(日本語対応、)さらに激レアな「日本語版」の資料も配布しており、フィンランドのゲーム業界に興味がある人は必見の展示内容となっています。
仙台市のブースNo.は「3-C12」。ビジネスデーのみの出展なのでご注意ください。

著者:篭谷千穂
Techブログメディア「vsmedia」を個人運営していたり、英字新聞「The Japan Times」にガジェットとアプリのコラムを書いているライター。
他にも特殊メイクや特殊造型、アクセサリー製作、仮面作家としても活動しています。