【TOKYO SANDBOX 2019レポート】狂気の占いゲーム(?)「KARATE URANAI」に寿司と階段が混ざってさらにカオスになっていた件

 イベント取材 
  公開日時 

著者:篭谷千穂

以前東京ゲームショウ2018のインディーゲームコーナーのレポートでご紹介した占いゲーム(?)「KARATE URANAI」を開発するKSYMさんが、TOKYO SANDBOX 2019にさらに狂気度に磨きのかかった新作を出展していました。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】狂気の占いゲーム(?)「KARATE URANAI」に寿司と階段が混ざってさらにカオスになっていた件
パッと見「KARATE URANAI」と同じように見えますが、キャラクターが何かの上に乗ってコース上を疾走しています。

関連記事:
【東京ゲームショウ2018】これは空手?それとも占い?そもそもこれってゲームなの?謎が謎を呼ぶアクションゲーム(?)「KARATE URANAI」

もともとKSYMさんは、以前Twitterでティーザー動画がバズりまくったレーシングゲーム「寿司がはしるやつ(仮)」を出展する予定だったそうですが、残念ながらイベント当日までに開発が間に合わず、急遽「KARATE URANAI」に寿司の要素を混ぜたとのこと。ということは、上の写真でキャラクターが乗っているのは寿司?!

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】狂気の占いゲーム(?)「KARATE URANAI」に寿司と階段が混ざってさらにカオスになっていた件
さらに、以前はAボタン押下で礼、Bボタン押下でアボカドの投入しかできなかった操作に、新たにYボタン押下でタピオカの投入が追加されました。これについては、以前は女性に人気がありそうということでアボカドにしたものの、若干年齢層が高めではないかと思い立ち、今回は女子高生が好きそうなタピオカを加えたのだそうです。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】狂気の占いゲーム(?)「KARATE URANAI」に寿司と階段が混ざってさらにカオスになっていた件
アボカド、タピオカ、虎が混在するフィールドで礼を繰り返すキャラクターたち。カオス以外の言葉が見つかりません

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】狂気の占いゲーム(?)「KARATE URANAI」に寿司と階段が混ざってさらにカオスになっていた件
そうこうしているうちに出た判定は「技」。試合の展開によって「心」「技」「体」のいずれかが出るとか。何がどうなって判定に影響するかはプレイしても分かりませんでした。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】狂気の占いゲーム(?)「KARATE URANAI」に寿司と階段が混ざってさらにカオスになっていた件
その後、なぜか突然現れた階段を転げ落ちるキャラクターたち…。そう、これはKSYMさんが開発中のもう一つの階段転落シミュレーションゲーム「stairs」の要素です。まさか空手に寿司だけでなく階段も混ざっていたとは!

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】狂気の占いゲーム(?)「KARATE URANAI」に寿司と階段が混ざってさらにカオスになっていた件

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】狂気の占いゲーム(?)「KARATE URANAI」に寿司と階段が混ざってさらにカオスになっていた件

それからサイケデリックな色彩の中で組んず解れつもんどり打つキャラクターたち。これは命をかけた白熱の戦いを表現しているのだそうです。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】狂気の占いゲーム(?)「KARATE URANAI」に寿司と階段が混ざってさらにカオスになっていた件

そうして最後に寿司に乗ってコースを猛スピードで疾走!コーナリングも鮮やかで爽快感溢れる表現が快感です。

そして気になる運勢は…

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】狂気の占いゲーム(?)「KARATE URANAI」に寿司と階段が混ざってさらにカオスになっていた件

「吉」!やった!!

東京ゲームショウ2018では大凶だったのでこれは凄い進歩(?)です。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】狂気の占いゲーム(?)「KARATE URANAI」に寿司と階段が混ざってさらにカオスになっていた件

運勢が「吉」だったのでタピオカのステッカーを3枚いただきました。ありがとうございます!

…ということで、結局当初の予定だった「寿司がはしるやつ(仮)」は試遊できませんでしたが、「KARATE URANAI」のスペシャルバージョンをプレイできたのである意味非常にラッキーでした(占い結果が「吉」なだけに)。

著者:篭谷千穂
Techブログメディア「vsmedia」を個人運営していたり、英字新聞「The Japan Times」にガジェットとアプリのコラムを書いているライター。
他にも特殊メイクや特殊造型、アクセサリー製作、仮面作家としても活動しています。