安くて使いやすいゲーミングヘッドセットは?長時間使用しても疲れない「Jawwei ゲーミングヘッドセット」が安くておすすめ!

 ガジェットレビュー 
  公開日時 

著者:Taku

ゲームをする上で、音の環境というのは非常に重要です。

例えば、RPG系のゲームであれば、音楽を聴くことでより世界観に没頭する事ができます。流行りのバトルロワイアル系のゲームであれば、音が聴こえる方向から敵の位置を把握でき、ゲームを有利に進める事にも繋がります。

スポンサーリンク

しかしゲーミングヘッドセットは高価な物が多く、なかなか手が出しにくいのではないでしょうか。安いものでも、最高品質までは求めずともある程度使える物が良いですよね。

そこでこの記事では、2,280円(2019年6月5日現在)という、比較的安価な「Jawwei ゲーミングヘッドセット」を実際に使ってみた上で感じた事などを中心に、レビューをお届けします。

「Jawwei ゲーミング ヘッドセット」の見た目や使い心地

安くて使いやすいゲーミングヘッドセットは?長時間使用しても疲れない「Jawwei ゲーミングヘッドセット」が安くておすすめ!

安くて使いやすいゲーミングヘッドセットは?長時間使用しても疲れない「Jawwei ゲーミングヘッドセット」が安くておすすめ!

ヘッドセット本体は黒色を基調にしており、青色を加えることで爽やかさのあるクールな雰囲気になっています。チープな印象はパッと見だと、それほど気にならない程度で、値段を考えると十分に満足できるデザインです。

安くて使いやすいゲーミングヘッドセットは?長時間使用しても疲れない「Jawwei ゲーミングヘッドセット」が安くておすすめ!

重量は軽めで、長時間使用しても首の疲れはあまり感じません。側圧は強すぎず弱すぎずでちょうどよく、頭や耳が接触する部分は柔らかいクッションになっています。

肝心の音質ですが、低音・高音共にバランスが良く、音が悪いと感じる事はありませんでした。バトルロイヤルゲーム「フォートナイト」を少しプレイしてみましたが、臨場感があって敵の足音や銃声の方角もしっかり分かったので、支障なくプレイ出来ました。

単純に音楽を聴く時にも使えるので、値段を鑑みても十分な音質と言えるでしょう。

「Jawwei ゲーミング ヘッドセット」の機能

安くて使いやすいゲーミングヘッドセットは?長時間使用しても疲れない「Jawwei ゲーミングヘッドセット」が安くておすすめ!

マイクは上下に動かしたり、ある程度自由に曲げられるようになっており、自分の口元の近くに調整することができます。

マイクの音質も良く、実際に何度かマイクを使ってみましたがスムーズに会話することができ、問題なく使用することが出来ました。

安くて使いやすいゲーミングヘッドセットは?長時間使用しても疲れない「Jawwei ゲーミングヘッドセット」が安くておすすめ!

ヘッドアームの部分も長さを調節できるようになっているので、自分の頭の大きさに合わせることが出来ます。

安くて使いやすいゲーミングヘッドセットは?長時間使用しても疲れない「Jawwei ゲーミングヘッドセット」が安くておすすめ!

操作コントローラーもついており、真ん中の丸い部分で音量を簡単に調節することが出来ます。

上部のスイッチでマイクのON/OFFを切り替えることができ、瞬時にミュートする事も可能。例えば、リアルでの会話を聞かれたくない時やくしゃみが出そうな時などにミュートしたい時はかなり便利ですね。

安くて使いやすいゲーミングヘッドセットは?長時間使用しても疲れない「Jawwei ゲーミングヘッドセット」が安くておすすめ!

ケーブルは3.5mmコネクターが採用されており、PCやゲーム機、スマホなど他機種に使えます。USBはLEDライト機能がついており、ヘッドセットが光ります。見た目のカッコよさにも少しこだわりたい人はありがたい機能と言えるでしょう。

「Jawwei ゲーミングヘッドセット」はamazonでもかなり評価が高いヘッドセットでしたが、値段以上の高性能でコストパフォーマンスはかなり高いと思います。ヘッドセットに悩んでいる方はオススメです!

Amazon購入ページ

Jawwei ゲーミング ヘッドセット ヘッドホン ヘッドフォン ゲームヘッドセット マイク付き ゲーム用 ボイスチャット FPS PCゲーム PS4 に対応安くて使いやすいゲーミングヘッドセットは?長時間使用しても疲れない「Jawwei ゲーミングヘッドセット」が安くておすすめ!

セット内容

●ヘッドセット
●取扱説明書(多言語)
●変換ケーブル

著者:Taku
ゲームに本気になりたい。パズドラを中心にいろんなソシャゲに手を出しています。お笑いとラブライブと創作で生きています。
著者のTwitter著者のPIXIV