台北ゲームショウに行こう!台北のインターネット回線事情「プリペイドsim」「ポケットWiFi」「フリーWiFi」について

 渡航情報 
  公開日時 

台湾は日本に近くゲーム産業も盛んな国です。毎年1月には台北ゲームショウが開催され、40万人以上が訪れます。

スポンサーリンク

日本から近いため航空券も安く、また物価も低く、治安も安定しており、文化的な親和性も高い、などの理由から、台北ゲームショウは海外のゲームショウの中でおススメのゲームショウの1つ。

台北ゲームショウに行こう!台北のインターネット回線事情「プリペイドsim」「ポケットWiFi」「フリーWiFi」について

海外渡航時に気になるのは、現地のインターネット回線事情。国や地域によっては不安定であったり、利用方法に制約があったりと旅慣れていないと何かと苦労するものですが、台北の通信事情はどうなのでしょうか。

台北ゲームショウに行こう!台北のインターネット回線事情「プリペイドsim」「ポケットWiFi」「フリーWiFi」について

この記事では台北市内のインターネット回線の状況や、渡航前に行っておくべき準備などにについて説明します。

台湾のインターネット回線は安定

台湾のインターネット回線は安定しています。特に台北市内は安定しており、インターネット回線が日本とほぼ同じ感覚で使えます。スピードも高速で、SkypeでのTV電話会議なども十分に可能です。

 手軽にいくならキャリアのローミングサービス

スマートフォンを持って行く方は、Docomo、au、softbankなど各キャリアのローミングサービスを利用するのが手続き的には最も簡単です。スマートフォンでテザリングをすることで、パソコンなどもインターネットに接続することができます。
若干通信速度が遅く、また費用が高い傾向にありますが、多少高くても楽な手続きでそれなりに使えれば良い、という方には、キャリアの海外ローミングサービスを利用するのがおススメです。
手続き方法や利用料金については各キャリアのサービスセンターや店舗などでご確認ください。

尚、MVNO(格安sim)の場合、海外ローミングサービスがありものと無いものとがあるようです。あるものでも音声通話のみなど制約がある場合もありますので、こちらも契約しているMVNO事業者にご確認ください。

現地でプリペイドのスマホsimを買うのが最も経済的

simフリースマホ、あるいはsimロック解除をしたスマホをお持ちの方は、空港の到着ロビーでプリペイドのsimを買うのがおススメです。

台北ゲームショウに行こう!台北のインターネット回線事情「プリペイドsim」「ポケットWiFi」「フリーWiFi」について筆者は台北渡航の際はいつも「中華電信」の7日のsimを購入します。費用は500~700台湾ドル(約1,800円~2,500円)くらいです。4GLTEで高速、通信容量制限はありません。現地電話番号も付いています。

simフリースマホを使う予定の方で、キャリアで契約時にスマホを購入し方は、simロックの解除がされているかを必ず確認しましょう。

また現地空港で購入する場合は、営業時間に注意しましょう。深夜早朝便を利用する際は、飛行機の到着時刻に注意しましょう。到着時刻は着陸時刻ですので、そのからの荷物の受け取りなども考慮する必要があります。

中華電信の各空港の営業時間

日本国内でもAmazon等で台湾のプリペイドsimを購入することができるようです。現地での購入に自信の無い方は、こちらを検討しても良いかもしれませんね。

FAREASTONE 台湾プリペイドSIM 4G・3Gデータ通信無制限 速度低下なし 5日 無料通話付き台北ゲームショウに行こう!台北のインターネット回線事情「プリペイドsim」「ポケットWiFi」「フリーWiFi」について

亜太電信 台湾プリペイドSIM 4G・3Gデータ高速通信 速度低下なし無制限 5日台北ゲームショウに行こう!台北のインターネット回線事情「プリペイドsim」「ポケットWiFi」「フリーWiFi」について

ネット回線だけならポケットWiFiでもOK

simフリースマホを持っていない方や、simロックの解除が難しい方はポケットWiFiを手配するのがおススメ。
日本国内で受け取れるものや、台北の空港カウンターで受け取るものなど、色々なサービスが様々な業者から提供されています。

https://file.veltra.com/jp/promotion/wifi/common/area/5.html

https://www.imotonowifi.jp/country/taiwan/

通信容量も無制限のものや制限があるものなど様々ありますので、検索をして比較してみると良いでしょう。

ポケットWiFiは多くの場合5台程度の機器を同時に接続できますので、グループで行動する場合や、パソコンも同時にインターネットに接続したい場合などは便利です。スマホのテザリングと比較すると回線が安定し、またバッテリーの持ちが良いというメリットがあります。料金もワリカンにすればさらに安いですね。

筆者が良く使うサービスはネットで申し込んで現地空港で受け取るタイプですが、 6泊7日で3,500円くらい、通信容量制限なしで、回線も安定しています。

ポケットWiFiは当日空港カウンターでもレンタルの申し込みができますが、その場合は現金で3000台湾ドル(約11,000円)のデポジットが現金で必要になりますので注意しましょう。また連絡先の確認としてショートメールでの認証手続きが必要になりますが、日本の携帯電話があれば「+81-90-****-****」などで手続き可能です。

フリーのWiFiでも結構いける

台北の街中には観光客向けにTaipei FreeというWiFiも飛んでいてそれなりに便利なようです。

台北ゲームショウに行こう!台北のインターネット回線事情「プリペイドsim」「ポケットWiFi」「フリーWiFi」について

筆者は使ったことがありませんが、事前にウェブで利用登録ができますので、とにかく安く、であればこちらを利用しても良いかもしれません。

https://www.tpe-free.tw/tpe/tpe_step1_jp.aspx

事前に登録しなかった場合は、空港のインフォメーションカウンターでも手続きができます。

その他台北市内は空港、地下鉄の駅、デパート、コンビニに無料のWiFiが飛んでおり、レストランの多くも無料のWiFiを設置しています。東京よりもWiFiの整備率は少し高いような印象です。
通信の品質はまちまちな様子ですが、ホテルに安定したインターネット回線があり、街中ではたまに繋がればそれでOK、という方には十分なようです。