2020年秋以降の日中ゲーム市場を語るオンラインイベントが開催

 ビジネスニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

在日本中国ゲーム系企業が2020年秋以降の日中ゲーム市場を語るオンラインイベントが8月14日18時に開催される。

2020年秋以降の日中ゲーム市場を語るオンラインイベントが開催

前編(8月7日開催)では、日本人クリエイター・高橋玲央奈氏、アリババクラウドジャパン・大田和健人氏から見た「チャイナジョイ2020」の展示トピックと、「中国大陸のゲーム市場の分析と今後の展望を語る」を開催する。

後編(8月14日開催)では、中国人3人、日本人1人のゲーム業界関係者が「チャイナジョイ2020」を振り返りながら、今年秋以降の中国ゲーム業界やパブリッシャーの日本進出の動向を、パネルディスカッションを通じて予想していく。パネルディスカッションに登場するのは以下の識者たち。世界最大のゲーム企業、Tencentの日本法人から裘(キュウ)氏。Yostarのゲームを含め、中華圏のゲーム会社に声優ボイスと声優プロモーションを多く供給する新進気鋭の音声収録会社代表、朴(パク)氏。元中国ゲーム企業日本法人の取締役として活躍し、現在はSHIFTで多数の中国ゲーム企業と取引する森氏。中国大手Elexの日本法人で執行役員を務め、この8月にSHIFTに参画した孫氏。モデレーターは黒川塾の開催などで知られる黒川塾主宰 黒川氏だ。

パネルディスカッションのテーマ

・今年の「チャイナジョイ2020」をひと言で表すと?

・中国パブリッシャーたちの今後の戦略は?

・中国勢は日本市場をどう攻めているか、どう攻めるのか?

・日本市場の魅力、やりやすさ、やりづらさ(声優、ローカライズ、サーバ、QA、CS、マーケetc)

・中国勢は日本企業やIPとどう組みたいか?

・日本企業の中国市場進出を成功させるには?

・日本のIPと中国のIPの違い

・日本と中国のオタクが求めているもの

・日本と中国の生活スタイルの違い etc

参加ならびに視聴方法

こちらのお申込みフォームよりお申込みください。お申込み完了後、別途セミナー受講用URLをメールにてお送りする。