アドフリジュクで「IDFAに頼らないアプリマネタイズ手法」を学べるセミナーが開催

 ビジネスニュース 
  公開日時 
 SQOOLNET編集部 

Glossomは、アプリデベロッパー向けにオンラインアドフリジュク「IDFAに頼らないアプリマネタイズ手法」を12月16日18時より開催すると発表した。

アドフリジュクで「IDFAに頼らないアプリマネタイズ手法」を学べるセミナーが開催

概要

アプリ業界で今後の広告マネタイズ影響が懸念される、iOS14からのIDFAのオプトイン化。適応は来年初めに延期されたもののすぐそこまで迫っており、収益源に対する打ち手は必須。

セミナーでは、今から取り組んでおくべきIDFAに頼らないこれからのマネタイズ手法について、実際に起用されているインクリメントPの北谷をゲストにお迎えしてお話する。

バナー、レクタングル、リワード、そしてオファーウォール

ポイ活アプリ「トリマ」では、10月の正式版よりオファーウォールを導入した。それまでの収益は、バナー、レクタングル、リワードのアドネットワーク広告によるものだったが、広告IDに影響を受けにくいオファーウォールを入れたことによって収益のベースが大きく底上げされ、今後起きうるeCPM変動による影響や、リスクを低減することができた。オファーウォールの選定基準など、実際に導入に至った経緯を共有する。

対象者

・スマホアプリのディベロッパー様(企業・個人問わず)

・スマホアプリのマネタイズご担当者様

・iOS14が広告マネタイズに及ぼす影響を知りたい方

※アド事業者および営業目的の方々には参加をご遠慮ください

実施日時

12月16日(水)18:00〜19:00

※参加いただくためのURLは、登録いただいたメールアドレスに順次お送りする

懇親会を同日の19:30〜21:00で予定している。

※参加用URLはウェビナー中に連絡する。

※途中入退出自由。

参加申し込み