VR×ゲームはロケーションVRが本命?2017年後半から現在までのロケーションVR事情

 コラム 
  公開日時 

著者:管理人

VR元年、とはもはや言われなくなってしまいました。家庭用VRはその導入コストの高さが普及のハードルとなっており、なかなか一般には浸透していないように思われます。

スポンサーリンク

ではVR×ゲームの芽は潰えてしまったのかというとそういうことではなく、家庭用VRに代わってここのところ「ロケーションVR」が元気。

VR×ゲームはロケーションVRが本命?2017年後半から現在までのロケーションVR事情

ロケーションVRとは、遊戯施設などに設置して1回ごとに料金を支払ってプレイするタイプのVRコンテンツで、多くの場合VRゲームを楽しむことができます。一般的なゲームセンターのゲームと比べると、VRゲームのプレイ料金は500円~2,000円ほどと若干高めに設定されていることが多いのですが、「VRに興味はあるが導入コストが高いためにプレイしていなかった」という層にとっては手軽にVRゲームを体験できる場、ということになります。

さて、日本国内で有名なロケーションVRといえば、昨年7月にオープンした「VR ZONE SHINJUKU」。

VR×ゲームはロケーションVRが本命?2017年後半から現在までのロケーションVR事情

オープン以降連日満員となる程の大人気で、昨年末には「クールジャパン・マッチングアワード2017」のグランプリも受賞。ロケーションVRの可能性を一気に認知させました。
日本国内ではその他、コーエーテクモから体感型VR筐体「VR センス」がリリースされるなど、ロケーションVR関連の良いニュースが相次ぎました。

海外に目を向けると、隣国韓国では政府がVRの普及を強力にバックアップ。昨年は数百億ウォン(数十億円)単位の支援を行い、その結果大小さまざまなロケーションVR施設が韓国国内に急増しました。

南国台湾もローケーションVRが拡大中で、VIVELANDやJoyLandといったVR専用のテーマパークが台北市内で増加。

VR×ゲームはロケーションVRが本命?2017年後半から現在までのロケーションVR事情

1回のプレイ料金は200台湾ドル(約750円)と、台湾の物価から見ると高額ながら、徐々に人気を獲得しています。

このような大規模なロケーションVR施設と併せて比較的小規模なロケーションVRも数を増やしています。

先日末に開催された台北ゲームショウでは、日本制のVRプラットフォーム『V-REVOLUTION』が展示されており、大きな関心を集めていました。

VR×ゲームはロケーションVRが本命?2017年後半から現在までのロケーションVR事情

V-REVOLUTIONはゲーミングPCとVRディスプレイのVIVE、そして3m×3mのプレイスペースがあれば設置することができ、店舗側の設置ハードルが低いのが特徴。PCやVIVEはレンタルも可能で、「VRコンテンツを試してみたい」という小規模店舗のニーズを叶えるプラットフォームと言えるでしょう。
現在は京都の「THE 3RD PLANET (ザ・サードプラネット)BiVi京都二条店」に設置されていますが、本格的な全国展開、海外展開に期待したいところです。

より小規模なロケーションVRの例として、数人から十数人でのイベントで使用する、というケースも増えてきました。昨年末に日本合コン協会が渋谷で開催した『VR人狼合コンin渋谷』などはその良い例と言えるでしょう。

VR×ゲームはロケーションVRが本命?2017年後半から現在までのロケーションVR事情

この合コンイベントは約10名ほどの男女が一室に集まり、VRゲームの「VR人狼」をプレイしながら親睦を深めるものでしたが、このようにイベントで気軽に利用できるのが小規模ロケーションVRの特徴の一つ。ゲームによっては必ずしも人数分のVRゴーグルは必要無く、主催側にとっては小額でロケーションVRイベントを開くことができるという訳です。

日本合コン協会は「VR人狼と合コンの相性はとてもよく、同様のイベントをまた企画したい」としています。

家庭用VRの動きが一旦沈静化する中、このようにロケーションVRには飛躍の兆しが見られます。極めて近い将来、ゲームセンターがロケーションVRで大復活!街中に気軽なVRコンテンツがあふれる日が来るかも知れません。

著者:管理人
いつの間にかメディアの人みたくなったことにいまだに慣れない中年ゲーマー。夜行性。
好きなゲームは「桃鉄」「FF5」「中年騎士ヤスヒロ」「スバラシティ」「モンハン2G」「レジオナルパワー3」「スタークルーザー2」「鈴木爆発」「ロマサガ2」「アナザーエデン」などなど。