EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

 コラム 
  公開日時 

著者:Taku

8月3日(金)~5日(日)にかけて、アメリカ・ラスベガスで世界最大級の格闘ゲーム大会「EVO 2018」が開催されました。

EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

この記事では「ストリートファイターV アーケードエディション部門」に絞り、個人的なトピックを取り上げてEVO2018の模様を振り返りたいと思います。

公式配信だけじゃ物足りない!「現地配信」が大人気

最近は日本語の実況解説付き配信も増えてきており、長年のファンはもちろん、格ゲーを初めて観る人にとっても分かりやすく観戦できる時代となりました。EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

しかしこれだけ規模が大きい大会となると、配信できる試合数には限度があります。有力な選手であっても一度も配信されないまま終ることもあり、大会の動画が配信されるだけありがたいのは確かですが、コアなファンにとっては少し物足りない贅沢な悩みといえるでしょう。

そこで人気だったのが選手たちによる「現地配信」です。これは大会に参加している選手たちが現地の試合をストリーミング配信してくれるもので、これにより現地の雰囲気や予選会の様子が分かるようになりました。

EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

中でも人気だったのは、ハイタニ選手の配信で行われていた「マゴさん密着配信」です。マゴ選手はストV界隈で屈指の愛されプレイヤーで、実力は高いのに大会になると変なミスをして負けてしまうメンタルの弱さ(=昇天芸)を他のプロゲーマーから散々にイジられています。

もちろんマゴ選手の人柄の良さから生まれるノリなのですが、今回のマゴ選手の予選には、ときど、ふ~ど、ネモ、板ザン、ハイタニ、ガチくん、どぐら、まちゃぼーといった豪華すぎる日本のトッププロ選手たちが大集合。みんなマゴ選手の勝利(昇天)を期待して、応援に熱が入っていました。

EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

もちろん視聴者からの関心も高く、マゴ選手密着前は600人だったのが、密着後は4,000人を超える視聴者数に。視聴者にとってもプロプレイヤーにとっても、マゴ選手の予選試合は今大会の一大イベントと言って良いほどになりました。

そしてキャラ替えをしてから今シーズン中々成績を残せていなかったマゴ選手は、今大会13位タイという大健闘。今後の活躍に期待がかかります。

次世代選手が大活躍!EVOドリームを狙う若者たち

今大会は若手選手の活躍も光りました。今年はeスポーツの普及に伴い、企業からの支援を受け、プロではない選手が「スポットスポンサード」という形でEVOのみ参戦するケースがみられました。

EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

その中でも、よしもとゲーミングからスポットスポンサードを受けたtrashbox選手が49位タイという成績を残しました。配信台では、スクエニ社員として働きながら数々の大会で好成績を収める兼業プロゲーマー・ネモ選手に紙一重の勝利。trashbox選手はこれまでネモ選手にずっと負け続けていたようで、勝利した後の力強いガッツポーズが印象的でした。

また「FAV gaming」に所属する若手、りゅうせい選手も今大会のEVOで一気に名が知れました。元々はブレイブルーシリーズでEVO2017の王者でしたが、ストVに参戦してまだ1年ほど。まだストV界隈では知名度も低い中、9位タイという好成績を残しました。

EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

配信台ではりゅうせい選手が大きく目を見開く姿が何度も映し出され、全世界に強烈なインパクトを与えました。本人曰く「自然体でゲームを楽しんでるだけ」らしいので、まさに超大型新人といった感じです。

そして今大会最も光っていたのは、ウィナーズ側でTOP8入りという快挙を果たしたガチくん選手。CPTランキングの上位にいながら、まだ唯一スポンサーがついていない若手選手です。

EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

使用キャラのラシードが大幅な弱体化を受けてからも練習を積み、最近ではAbuget Cup 2018優勝、RAGEチーム戦優勝と怒涛の快進撃をみせています。今回は4位という結果でしたが、ルーザーズでは現時点で世界最強と名高い藤村選手に勝利。これまでガチくん選手は藤村選手になかなか勝てていませんでしたが、EVOという大舞台でリベンジを果たしました。

数少ないチャンスをものにする必要がある若手選手にとって、EVOは最も夢のある大会です。日本でeスポーツが発展するためには、次世代の選手たちの活躍が必要不可欠。これからの若手選手の活躍に期待がかかります。

前年覇者ときど、2連覇への道

そして、今年のEVOを語る上で絶対に外せないのがときど選手です。

EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

去年の劇的なEVO優勝から、その強さは今年も健在。約2,400名の参加人数がいるトーナメントでも抜群の安定感を見せつけ、ウィナーズ側でTOP8に進出。2年連続で壇上にあがり、さすがのときど選手といった感じでした。

しかしウィナーズトーナメントの初戦ではふ~ど選手に敗退。ルーザーズへと落とされ、今まで順当に来ていた優勝への道に暗雲が立ち込めました。

EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

しかしそこで簡単に終わらないのがときど選手。ルーザーズトーナメントからルフィ、ガチくんを撃破。ルーザーズファイナルでは初戦で負けてしまったふ~ど選手にもリベンジを果たし、ついに2年連続で決勝戦に進出します。

EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

決勝の相手はイギリスの強豪Problem X選手。ウィナーズトーナメント側の勝者で、アドバンテージを持つ有利な状態でときど選手を迎え撃ちます。

序盤からProblem X選手が凄まじい猛攻を仕掛けたましたが、ときど選手も負けじと対応。2-2のスコアまでもつれ込み、最後はときど選手が勝利。Problem X選手をルーザーズへと引きずり落とし、リセットをかけました。

EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

ときどのリセットにより、次に3先を取った方が優勝となった決勝戦。ときど選手がそのまま勢いに乗るかと思われましたが、Problem X選手が神がかったプレイをみせつけ、ときど選手の勝負手に対応。最後は3-0というスコアで敗北し、ときど選手は惜しくも準優勝となりました。

EVO2018「ストリートファイターV AE部門」個人的ハイライト 選手たちの「背景」を楽しもう

EVO2連覇の夢は叶いませんでしたが、競技レベルが高くなる中で常に世界トップクラスの実力を見せつけ、今年も準優勝という素晴らしい成績を収めたときど選手。日本のエースとして今年のカプコンカップ、そして来年のEVOで王座奪還に期待がかかります。

今年も様々なドラマがあったEVOストリートファイターV部門。eスポーツが普及し始めて、今回初めて試合を観戦した方も多いと思いますが、試合だけにとどまらず選手たちの「背景」もこれから知っていって欲しいと思います。格闘ゲームに人生をかける選手たちの背景を知ることで、今後より観戦を楽しめることでしょう。

公式チャンネル

https://www.youtube.com/user/CapcomFightersTV/videos

https://www.twitch.tv/capcomfighters_jp

ハイタニ選手のtwitchチャンネル

https://www.twitch.tv/fd_haitani

著者:Taku
ゲームに本気になりたい。パズドラを中心にいろんなソシャゲに手を出しています。お笑いとラブライブと創作で生きています。
著者のTwitter著者のPIXIV