日本インディゲームデベロッパーの活路、加速する中国展開

 コラム 
  公開日時 

著者:管理人

「私の会社からは100人位来ているんじゃないでしょうか」

先月末に開催された東京ゲームショウ。過去最高の入場者数を記録した幕張の会場には、中国から多くのゲーム関係者が訪れていました。

日本インディゲームデベロッパーの活路、加速する中国展開

冒頭の発言は中国の大手ゲーム関連会社社員の一言。彼らが東京ゲームショウを訪れた目的の1つは、日本の優れたインディーゲーム開発者とのコネクションづくりだといいます。

「日本のインディゲームの品質は高いですね、是非我々のサービスで中国展開して欲しいです」

中国市場は問題が多く日本から進出するのは容易ではない、というのは今や過去の話になりつつあります。

「ライセンス取得もサポートします。費用ですか?弊社が出しますよ。やり取りは日本語でも大丈夫です」

直接やり取りができる中国の現地企業も増えてきたことで、小規模なインディゲーム開発者にとっても中国にゲームを展開できる可能性がぐっと広がったと言えます。

「このゲームは良いですね、中国でも受け入れられると思います。でもUIは少し変えたほうが良いですね。課金も入れましょう」

長い間日本のゲームを見ながら学んできた中国ゲーム業界は、今や日本から目指す市場に変貌しました。政治的な問題があるとはいえ、それを差し引いても中国ゲーム市場は魅力的な市場なのです。

「我々の会社も数年前に立ち上がりました。日本のインディゲーム開発者にも大きなビジネスチャンスが有りますよ」

彼らのその言葉に偽りは無いでしょう。
もちろん成功者の裏にはその何十倍もの敗北者がいます。行けば必ず成功するということではありません。政治的なリスクもあります。国際取引の難しさもあるでしょう。しかし、日本から中国へのゲームビジネスの展開は加速していくでしょう。

「良い開発者さんを紹介してくれてありがとうございました。成功するようにしっかりとサポートします。Win−Winで行きましょう」

深々と頭を下げる彼らからは、謙虚さと自信が伺えました。
日本のインディゲーム開発者にとって中国展開は良い選択だったのか、答えはすぐに出るでしょう。

著者:管理人
いつの間にかメディアの人みたくなったことにいまだに慣れない中年ゲーマー。夜行性。
好きなゲームは「桃鉄」「FF5」「中年騎士ヤスヒロ」「スバラシティ」「モンハン2G」「レジオナルパワー3」「スタークルーザー2」「鈴木爆発」「ロマサガ2」「アナザーエデン」などなど。