eスポーツ団体の統合の動き~2018年はeスポーツ時代の幕開けとなるか?

 コラム 
  公開日時 

著者:KK

昨日一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会から、「eスポーツ団体の統合・新設に向けた取り組みについて」というプレスリリースが発表されました。

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会のプレスリリース

スポンサーリンク

一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会
一般社団法人日本オンラインゲーム協会
一般社団法人日本eスポーツ協会
一般社団法人e‐sports促進機構
一般社団法人日本eスポーツ連盟

この5団体が、日本におけるeスポーツの普及・発展とeスポーツ産業の振興を目標とし、eスポーツ3団体の統合・新設を来年春に実施する、という内容。

eスポーツ団体の統合の動き~2018年はeスポーツ時代の幕開けとなるか?

eスポーツはまだまだ日本ではニッチな産業だと思いますが、それでも5団体もあったのか、というのが筆者の正直な感想です。
様々な団体があること自体が悪いということではなく、海外の成功事例などを見て、それだけ日本のゲーム業界はeスポーツに期待しているということでしょう。
徐々に認知度が高まりつつある今、団体の統合が行われていくのは良い動きだと思います。是非eスポーツが次の産業として確立するまで走っていってもらえればなぁと思います。

筆者が最近注目しているのは、スマホでできるタイプのeスポーツタイトル。世界的には「クラッシュロワイヤル」や「ベイングローリー」などがありますが、日本でも先日「ハチャメチャ STARJAM」というタイトルが出てきました。

スマホでeスポーツ!本格3Dアクションゲーム「ハチャメチャ STARJAM」のお披露目会が開催!

PCゲームやコンシューマゲームはどうしてもプレイ人口が限られている日本ですが、スマホ版のeスポーツタイトルは大きな可能性があると思っています。ゲーム性を考えるとPCゲーム、コンシューマゲームにやはり優位性がありますが、プレイヤーのすそ野を広げる意味でもスマホのeスポーツタイトルには期待したいところです。

関連のニュースが増えてきたeスポーツ。2018年はスマホのeスポーツタイトルに注目です。