Slush2016@ヘルシンキ オウル市のブース紹介

 取材 
  更新日時 

 著者:加藤賢治(SQOOL代表 兼 編集長) 

北国フィンランドの中でも中部以北に位置する街、オウル市。
北緯65度とアイスランドよりも北にあるオウル市もSlushにブースを出展していました。

この記事ではSlush2016に出展されたオウル市のブースについてご紹介します。

p_20161201_155328-1

※オウル市の産業支援機関、ビジネスオウルの担当者。左のTakako Uchida氏は日本との産業連携担当で、今回のSQOOLのブース訪問も支援していただきました。

フィンランド オウル市について

人口約25万人のオウル市は、フィンランド中部以北最大の都市。
ノキアの無線通信ネットワーク技術発祥の地であるオウル市には優秀なエンジニアが多く、また市としても積極的にIT・ゲーム産業を支援しています。

Slush2016@ヘルシンキ オウル市のブース紹介

※オウル応用科学大学が提供するゲーム教育プログラム「OGL(Oulu Game Lab)」もオウル市の特徴的な取り組みの一つ。ビジネスオウルや地元のゲーム会社とも連携しており、産官学連携の理想的な形を築いている。

オウル市では、日本でも有名なエアギター世界選手権や、凍った海に入ってピッチをするポーラーベアピッチングなど、少し変わったイベントも開催されています。

Slush2016のオウル市ブースの様子

Slush2016@ヘルシンキ オウル市のブース紹介

オウル市ブースにはIT技術系の企業を中心に8つの企業のブースが出展されていました。

Slush2016に出展したオウル市の企業

HaltianRUGGED TOOLINGROHMvaltavaloTAVIQ / SPENTKOUKOI / goodwiller

オウル市企業ブース個別紹介

オウル市の企業サポートの優れたところは、幅広い分野の企業をサポートしているところ。
IT系と一言でいっても色々な分野が有りますが、Slush2016でも多様な企業がブースを出展していました。

次のページからは、出展企業を個別にご紹介します。

固定ページ: 1 2 3 4 5 6

次ページへ
著者:加藤賢治(SQOOL代表 兼 編集長)
いつの間にかメディアの人みたくなったことにいまだに慣れない中年ゲーマー。夜行性。
好きなゲームは「桃鉄」「FF5」「中年騎士ヤスヒロ」「スバラシティ」「モンハン2G」「レジオナルパワー3」「スタークルーザー2」「鈴木爆発」「ロマサガ2」「アナザーエデン」などなど。
著者Twitter