Nintendo Switchソフト「スプラトゥーン2」、発売3日間で67.1万本を販売 ~「ファミ通」マーケティング速報~

 ニュース 
  公開日時 

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、 任天堂が2017年7月21日に発売したNintendo Switch向けソフト「スプラトゥーン2」の国内推定販売本数を速報としてまとめた。

スポンサーリンク

■「スプラトゥーン2」 売上速報

集計期間:2017年7月21日~2017年7月23日/販売日数:3日間

国内推定販売本数: 670,955本

※ダウンロードカード、 Nintendo Switch スプラトゥーン2セットを含む(ダウンロード版の本数は含まない)

参考

■Nintendo Switch国内推定累計販売台数: 1,205,087台
(集計期間:2017年3月3日~2017年7月23日)

■Wii U向けソフト「スプラトゥーン」初週販売本数:156,610本
(集計期間:2015年5月28日~2015年5月31日/販売日数:4日間)

■Wii U向けソフト「スプラトゥーン」国内推定累計販売本数: 1,512,789本
(集計期間:2015年5月28日~2017年7月23日)

※ファミ通調べ

Nintendo Switch向けソフトで過去最高の勢い。 前作を大きく上回る出足に。

今回の速報について

「スプラトゥーン2」の初週販売本数は67.1万本と、 Nintendo Switch向けソフトの初週販売本数としては過去最高の出足となっている。 さらに登場間もなく、Nintendo Switch向けソフトの累計販売本数においてもトップに。
なお、 Nintendo Switch本体の累計は120.5万台で、 ハード所有者の2人に1人以上が本ソフトを所有していると考えられる。

前作Wii U向けソフト「スプラトゥーン」(任天堂/2015年5月28日発売)の初週販売本数は15.7万本、 現在までに累計151.3万本を売り上げているが、 今作「スプラトゥーン2」も今後さらなる販売本数の伸びが期待される。

株式会社Gzブレイン(ジーズブレイン)について

 

株式会社Gzブレインは2017年7月3日、 カドカワ株式会社の100%子会社として設立。 『ファミ通』や『B's-LOG』ブランドをはじめとする、 様々なゲームメディア・サービスの企画・制作・編集・運営を行っている。 情報誌や書籍の出版だけでなく、 Webメディアやイベントの企画・運営、 ゲーム動画・映像配信やコンテンツ制作、 ゲームマーケティング事業など、 あらゆる角度からゲームの面白さを伝える事業を展開している。
公式サイトURL: http://gzbrain.jp

スポンサーリンク