ChinaJoy2018報告会がアカツキのセミナールームで開催、高橋玲央奈氏、黒川文雄氏、宣科氏がそれぞれの視点でChinaJoy2018を報告

 ビジネス 
 取材 
  公開日時 

著者:管理人

今月3日から6日、アジア最大級のゲームの展示会、ChinaJoyが中国上海で開催されました。中国ゲーム市場の盛り上がりを受け、日本ゲーム業界内でも中国市場に注目する関係者が増えており、ChinaJoyは例年以上の注目を集めました。そのような状況の中、東京都品川区にある株式会社アカツキのセミナールームにて「ChinaJoy報告会」が実施されました。

スポンサーリンク

報告会では、中国廈門(あもい)でゲーム事業を営む高橋玲央奈氏、メディアコンテンツ研究家の黒川文雄氏、中国出身で中国へのゲームパブリッシングなどを手がける宣科氏が登壇し、それぞれから見た今年のChinaJoyの様子を報告しました。

ChinaJoy2018報告会がアカツキのセミナールームで開催、高橋玲央奈氏、黒川文雄氏、宣科氏がそれぞれの視点でChinaJoy2018を報告

高橋氏は、ChinaJoy会場でHTML5ゲームプラットフォームについての講演を実施。中国ゲーム関係者のHTML5ゲーム市場への関心の高さについて語りました。

また、WeChatの有用性や、通訳の必要性など、日本人が中国でビジネスをする際のポイントなども解説しました。

ChinaJoy2018報告会がアカツキのセミナールームで開催、高橋玲央奈氏、黒川文雄氏、宣科氏がそれぞれの視点でChinaJoy2018を報告

13年ぶりに上海を訪れたという黒川氏。景色が大きく変わったことに驚いたと言います。
ChinaJoyでは会期5日間全てを使って多くのブースを視察、中国ゲーム業界の力強さや日本との違いについて、エンターテインメントの専門家ならではの視点で報告しました。ChinaJoy2018報告会がアカツキのセミナールームで開催、高橋玲央奈氏、黒川文雄氏、宣科氏がそれぞれの視点でChinaJoy2018を報告

最後に登壇したのは、中国出身の宣科氏。宣科氏は日本ゲームデベロッパーの中国展開の支援も実施しており、実際に日本のインディゲームデベロッパーに帯同してChinaJoyに参加した様子や、どのように中国展開を実施したのか、その際のポイントなどについて報告しました。
ChinaJoy2018報告会がアカツキのセミナールームで開催、高橋玲央奈氏、黒川文雄氏、宣科氏がそれぞれの視点でChinaJoy2018を報告

ChinaJoy2018報告会がアカツキのセミナールームで開催、高橋玲央奈氏、黒川文雄氏、宣科氏がそれぞれの視点でChinaJoy2018を報告

パネルディスカッションではUNITY森嶋氏の司会の元、ChinaJoyに参加する際の注意点や、渡航前に必要な準備、現地で困ったこと、そして中国ゲーム市場と日本ゲーム市場への期待が語られました。

凄まじいまでのスピードで変化する中国ゲーム市場。SQOOLは来年もChinaJoyに参加し、その様子をお届けしてまいります。

著者:管理人
いつの間にかメディアの人みたくなったことにいまだに慣れない中年ゲーマー。夜行性。
好きなゲームは「桃鉄」「FF5」「中年騎士ヤスヒロ」「スバラシティ」「モンハン2G」「レジオナルパワー3」「スタークルーザー2」「鈴木爆発」「ロマサガ2」「アナザーエデン」などなど。