【パズドラ】パズドラ日記50 再び3人マルチ!「協力!極限の闘技場(神格の表裏)」に挑む!

 パズドラ 
  公開日時 

前回3人マルチと同時に実装された「協力!降臨ラッシュ!」に挑戦しましたが、今回は「協力!極限の闘技場!」に挑戦していきたいと思います!

通常のテクニカルダンジョンで実装されている闘技場3と似通った敵が出現しますが、ボスがカーリーシリーズからメタトロンシリーズに変更されています。

メタトロンシリーズはHP1億で防御が2000万という、カーリーよりも数倍強くなっています。レーダードラゴンが出現しない代わりに、メタトロンの対策は必須となります。

 

3人マルチは2人マルチと大きく違います。まず、3人協力ではそれぞれがソロで挑むことになります。覚醒スキルも自分のみなので、封印耐性の数は一番に気を付けましょう(自分が封印を食らうとお相手の方も同様の状態になります)

目覚めスキル、時間延長など一部の継続するスキル効果はお相手の方に引き継がれます。自分PTの目覚めの効果が、相手のPTにかみ合わないこともあるので注意。

それでは3人マルチ、よろしくお願いいたします!

スポンサーリンク

「協力!極限の闘技場(神格の表裏)」に挑戦!

闘技場3を周回している方ならおなじみの出現パターンです。1階では河童が要注意モンスター。初回ターンに水の目覚めを食らうと、水PT以外は面倒なスタートとなってしまいます。

2階で注意したいのは闇イザナミ。操作時間を10ターンの間減らしてくるため、操作時間延長スキルがあればすぐ上書きをしましょう。

光イザナミのスキル封印は回避することが前提です。以降もスキル封印をしてくる敵は多数出現するため、3人マルチでの封印耐性は必ず100%にしておきましょう。

3階。ここは特に強敵はいませんが、ヴォイスが出現した場合は闇属性だと突破できないので他の人に任せましょう。

 

4階、デーモン2体が出現。デーモンの危険さは全パズドラーがすでに理解しているかと思いますが、HP35%以下で即死レベルのダメージを与えてくるため注意。

 

5階、幻獣シリーズ。ここは特に問題なく突破できるでしょう。

6階、たまドラシリーズ。先制でバインドをしてくるモンスターが多いため注意。出現パターンによってはバインド⇒封印のコンボを食らわないようにしたいところです。

 

7階で注意したいのは沙悟浄と周瑜です。沙悟浄はHPが低く、すぐに根性⇒即死ダメージのコンボが発動してしまうため、与えるダメージや落ちコンに注意。威嚇スキルや軽減効果があると便利です。
周瑜は初回ターンにHP50%以下にしないと面倒なことになるため、初回から本気で削りましょう。盤面は暗闇状態になるため注意。

 

8階。転生西洋神5種と降臨ボス4種からランダムで出現します。危険なのは覚醒ヘル。先制で23,547ダメージを与えてくるため、前階層を突破する際はHPをしっかり維持しておきましょう。

 

9階、機甲龍シリーズからランダム2体。属性吸収をしてくる敵もいるため、PTによってはワンパンし辛いことも。HP10%以下にすると即死ダメを与えてくるため、地味に注意しておきたい階層です。

 

10階。四神シリーズが出現。スキル封印とHP20%以下の即死ダメージさえ注意しておけば特に問題ない階層です。

 

と、ここで転生アヌビスの方がゲームオーバー…!HPに補正がかからないPTは思わぬところでやられてしまうことがあるので、こちらが上手く補助できるところは積極的にしていきたいですね…。お疲れ様でした!

 

ゲームオーバーになると、残りのプレイヤーで続行されます。ここが2人マルチと大きく違う点ですね。
だからと言ってお相手の方を気持ちを考えない行動などはしないようにしましょう。

11階。キングタンシリーズから1体か、ぷれドラシリーズが2体出現。

見た目に反して高防御かつ大ダメージを与えてくる要注意階層です。この階層の対策は必須となります。

固定ダメージやガードブレイクによる突破など、高防御を無視できる解答を用意しておきましょう。

 

12階。ゼウス&ヘラかソニアグランが出現。

どちらも根性を持っているため、まずは根性を剥がしましょう。ここは突破しやすいリーダーを使用しているプレイヤーがいれば、その方に任せるのも手です。

 

13階。超絶キングメタルドラゴンが出現。現環境なら150万程度の防御力なら簡単に貫通できるので、6ターン後の即死ダメージさえ気を付けていれば問題ありません。

 

14階。エジプト系のモンスターが出現。特に気を付けたいのはやはりソティス。20万以上のダメージを吸収されてしまうため、リーダーによっては突破できないことも。
吸収無効スキルがあれば使用したいところですが、この先でヴィシュヌやパールなどさらに強敵となる吸収相手がいるため温存しておきたいです。

上手く削れるリーダーがいるプレイヤーに突破してもらうなど、3人マルチならではの突破方法を狙いましょう。

 

15階。フレアドラール、リヴァイアサン、ジェネレイトアースドラゴン、エンジェリオンからランダムで1体出現。

この階層は特に問題ないかと思われます。ジェネレイトアースドラゴンのHP99%ダメージからはしっかり回復しておきましょう。

 

16階。覚醒カグツチ、覚醒ラクシュミー、覚醒パールヴァティー、覚醒メイメイからランダム1体出現。

どの敵も癖のある厄介な階層です。カグツチは根性発動からのスキル遅延には要注意。このタイミングで遅延されると、3人マルチということもありスキルはほとんど復活しません。
スキル遅延をくらったプレイヤーは戦力にならなくなる可能性が高いため、しっかり回避しましょう。威嚇スキルがあればここで使います。

ラクシュミーはお邪魔を消すパズルミスをしないように気を付けるのみです。

メイメイは防御155万を突破できれば問題ありません。火属性がいれば容易に突破できるので当たりの部類です。

パールは30万ダメージ以上を吸収する厄介な敵。後の階層でヴィシュヌが出る可能性もありますが、基本吸収無効のスキルはここが使いどころです。スキルが溜まっていればその人に任せましょう。

 

17階。グリザルが確定で出現。猛毒を2つ生成してくるため、できるだけ早めに処理しておきましょう。

HP99%ダメージから猛毒を生成してくるため、できるだけワンパンをしておきたいです。

 

18階。覚醒ヘラウルズ、覚醒ヘライース、覚醒シヴァ、ヴィシュヌが出現。

ウルズ自体はそこまで強くはないですが、お邪魔と火が99ターン落ちやすくなるためそっちの方が厄介です。
出現するだけで対策もできず、後のプレイに支障をきたすため、ある意味一番面倒です。

イースはスキル封印やHP100%ダメージなどがありますが、普通にワンパンしてしまうだけでOK。一番当たりのモンスターです。

シヴァはスキル遅延、4コンボ以下吸収などから、即死級に近いダメージも与えてきます。しっかりワンパンをしましょう。

ヴィシュヌは先制で回復・お邪魔を99ターン目覚め状態に。さらにHP100万以上吸収から即死級のダメージを常に与えてきます。この中でもぶっちぎりで強敵ですので、対策は必須。
一番の突破方法は吸収無効化スキル。ここまで温存できていればラッキーなのでここで使いましょう。
その他は威圧スキルなど、とにかく相手に行動させないことが必須。100万以上が出ないよう調整しましょう。

 

19階。ナンバードラゴンからランダム1体。

要注意はやはりリファイブとイルシックス。リファイブは先制で26,813ダメージを与えてくるため前階層ではしっかり回復。ダメージ無効化をしてくるまでに倒し切りましょう(ワンパン推奨)。

イルシックスは根性持ちで即死級ダメージも与えてきます。とにかく素早く根性を剥がし、水・回復・お邪魔ロックの3色陣を発動させ、そのターンで倒し切りましょう。

20階。アテナ、ヘラ、ベルゼブブからランダム1体が出現。

アテナは先制で何もしてこないため一番の当たり。今の環境ならワンパンも容易なので、しっかり倒し切りましょう。

ヘラは先制で42,802ダメージを与えてきます。HP補正がない場合まず耐えられないのでしっかり対策しておきましょう。先制さえ凌げば特に強くないのでそのままワンパンを狙いましょう。

ベルゼブブは先制の毒花火さえ対策していればOK。陣スキルなどを必ず用意しておきましょう。

 

21階。光メタトロンか闇メタトロンがランダム1体出現。

両方HP約1億、防御2000万という驚異的なステータスです。行動ターンは2ターンですが、HP70%以下になると毎ターン行動に変化。
HP70%以上で11万の即死ダメージを与えてくるため、必ず削り切りましょう。
HP10%以下で300万を超えるダメージを与えてくるので、軽減効果などがあってもまず耐えられません。倒すときはワンパンを狙いましょう。

まず1億を削るだけの火力が必要なためエンハンススキルは必須。さらに2000万という防御力がダメージを与え辛い要員となるため、防御を0にするスキルが非常に有効となります。

メタトロンの対策はどのプレイヤーも必須級なので、必ず対策しておきましょう。

 

22階、ピィが3体出現。メタトロンを倒して安心したいところですが、8,478ダメージを与えてくるため最後まで油断のできない階層です。
この階層も突破できるよう余力を残しておきましょう。

ということで無事にクリアです!闘技場3に慣れている人なら出現パターンはほとんど一緒なので、メタトロン対策をしておけばそこまで難しくはありません。

ただし3人マルチという特殊な仕様があるため、徐々に慣れていきましょう!

一緒にマルチをしてくださった方、ありがとうございました!

スポンサーリンク
著者:Taku
ゲームに本気になりたい。パズドラを中心にいろんなソシャゲに手を出しています。お笑いとラブライブと創作で生きています。
パズドラ攻略公式Twitter著者のTwitter著者のPIXIV